ここから本文です

大型犬と小型犬の心臓の大きさはほぼ同じだった!

@DIME 9月22日(木)10時10分配信

大型犬も小型犬も心臓の大きさにそこまで差が出るというわけではありません。また、心臓の強さも犬の大きさや犬種によって大きく異なるものでもないようです。

このことは犬の寿命にも関係しており、大型犬も小型犬もそこまで心臓の大きさに差がないということは、大型犬は体の割に心臓が小さく、小型犬は体の割に心臓が大きいということになります。

つまり、全身に血液を循環させるには、大きい体のほうが小さい体よりも心臓に負担がかかるということ。そのため、大型犬のほうが小型犬に比べ寿命が短いのでは?と考えられています。

ちなみに犬の寿命は一般的に、12~20歳。飼育環境の改善や、医療の発達によって伸びたと言われている犬の寿命ですが、それでも人間よりも短い命。一日一日を大切にしてあげたいですね。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:9月22日(木)10時10分

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2016年11月号
9月16日発売

定価750円

スマホ小物&モバイル雑貨200
LINEモバイルに乗り換える人とは?
秋飲みクラフトビールの醍醐味
特別付録 たためるスマホスピーカー