ここから本文です

社会学者 古市憲寿の人生相談「勘違いのひどい上司のセクハラにうんざりしています……」 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 9月22日(木)18時0分配信

「勘違いのひどい上司のセクハラにうんざりしています……」

古市(以下・古) 一方的に思い込んで勘違いしちゃう人、いるよね。上司はどんなタイプなの?
F恵さん(以下・F) 業界人気取りで面倒なタイプです。仕事上のつながりしかないのに、異常に嫉妬深いというか。
古 F恵さんって芸能事務所で働いてるんだよね?
F はい! 某アーティストに関する仕事をしてます。ちなみに上司は部署のデスクで、長いこと、芸能界に身を置いてる人。だからって言いたくないけど、確実に業界ズレしてて。
古 面倒な人っぽいな~。どんな被害を受けてるの? 
F 例えば仕事中、ライブ会場やテレビ収録の現場で、担当アーティストとちょっとした雑談をしようものなら、「君はひと言も話さなくていいから」と一喝。挨拶するだけで、「へ~彼らと仲いいんだ?」と怪訝な顔をされます。私が担当なのにですよ!
古 上司、指導する立場にある人だよね? F恵さんの振る舞い方に何か問題があるか、彼自身に違う感情が芽生えてる気もするけど。
F 数年前に一度、打ち上げ終わりにふたりで飲みに行ったことがあって。その日を境に、公私混同するようになったというか。例えば、深夜2時過ぎ。「いま何してるの?」と10回以上留守電を入れてきたり、駅で待ち伏せされて強引に飲みに連れていかれたこともあって。たぶんフェイスブックで探したと思うんですけど、私の元カレが経営するBARに行き、「F恵さんと知り合いなんですか?」とストーカーまがいの行為をしたり。こういう話ならいくらでもあります!
古 この人、完全にアウトでしょ。この手のストーカー被害って、最終的には自分が会社を辞めるか、相手を辞めさせるしかない。大きな会社なら部署異動っていう対処方法もあるにはあるけど、結局、顔を会わすストレスは拭ぬぐえないもの。公的な機関に相談するのも一つの手(※1)だと思う。

※1 セクハラは個人の問題ではなく会社の問題。「会社の人事労務の相談担当者や信頼できる上司に相談するべきだけれど、難しい場合、警察署や各都道府県にある労働局の相談窓口に相談して」(古市さん)


with2016年10月号より

最終更新:9月22日(木)18時0分

講談社 JOSEISHI.NET