ここから本文です

インテル最古参の長友に新たなライバル “意外なルーツ”を持つ19歳の新鋭DFが台頭

Football ZONE web 9/22(木) 8:40配信

ベルギー出身で192センチの長身DFミアング 11歳での路線変更が大きな転機に

 インテルの日本代表DF長友佑都の新たなライバルとして、19歳の新鋭DFセナ・ミアングがクローズアップされているが、そんな若武者に意外な過去があることが明らかになった。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が、ベルギーのアントワープ出身で192センチの長身DFのルーツを特集している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 伝説的なF1ドライバーのアイルトン・セナ氏(故人)にちなんで、セナというファーストネームを付けられたというミアングが、サッカーを本格的にスタートしたのは11歳と比較的に遅い時期だったという。そして、それまでセナ少年が夢中になっていたのはバスケットボールだったようだ。ストリートでのバスケットボールに明け暮れる日々を経て、11歳の時にサッカーへと路線変更をしたと特集している。

 キャリアのスタート当初はセンターバックが主なポジションだったが、次第に左サイドバックへと主戦場を移したという。長身選手にありがちな動きの緩慢さがないのは、細かい動きが求められ、より自由な発想でプレーするストリートバスケの影響が強いのかもしれない。

指揮官はその才能に魅了されている様子

 ミアングはヒップ・ホップをこよなく愛し、他にもブラジル、フランス、オランダ、イタリアの音楽も好んでおり、語学にも堪能だという。そうしたこともあり、フランク・デブール監督とのコミュニケーションは良好で、すでに指揮官は彼の才能に魅了されているという。

 長友が負傷によりメンバーを外れた8月28日のパレルモ戦において、ミアングは途中出場でデビューを飾った。その2日後には、すでにクラブと新たな4年契約にサインしたとも言われる。記事では“バベルの塔”とも表現されている新進気鋭の長身サイドバックは、クラブ最古参となった長友にとって文字通り“高い壁”としてレギュラー争いに立ちはだかろうとしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/22(木) 8:54

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。