ここから本文です

どんなクルマにも化ける魔法のマシン、その名は「ブラックバード」

WIRED.jp 9/22(木) 14:10配信

いまや消費者にクルマを買わせるのは簡単なことではない。広告会社は価格ではなく、アイデアやコンセプト、ライフスタイルを売らなければならないのだ。ほかのどのクルマでもなく、ある特定のクルマがあなたの人生をより良くするのだと説得しなければならない。それで広告会社は自動車をエキゾチックなロケーションに持って行き、そのクルマが素敵に見えるようにし、願わくばあなたがそのクルマに乗って素敵になるところを想像してもらおうとするのだ。

【動画と写真ギャラリーで見る】モーションキャプチャー技術を用い、ブラックバードのフレームの上に現実的なボディを重ねていく

結果はご存知の通りだ。海岸沿いのオープンカー、砂漠のまっただ中のSUV車、ローマの街中を走る小型車。そして、どんなにそのイメージが魅力的であろうと、それがあなたの人生に寄り添うことはないと、あなたはわかってしまっている…。

ただ、あなたがわかっていないこともある。それは、そうした広告がどのようにつくられているかということや、その海岸沿いのクルマが実は全く違うものかもしれないということだ。

望む現場に自動車を持ち込むとき、困難だったりそもそも不可能なこともある。時には自動車メーカーは秘密のデザインが表に出るリスクを避けたがることもあるし、広告を撮影するのに自動車が出来上がるのを待ってられないこともある。

そこで必要なのが「ブラックバード」である。この電気自動車は、あなたがCMで見るクルマとは似ても似つかない。トップには屋根の代わりに回転レーザーやカメラが搭載されている。そして白い三角形で覆われていて、座席は1つしかない。

しかし、このマシンは、ほぼ無限の数のクルマの形を取ることができる。あなたはテレビでAudiやメルセデス、アストンマーティン、コルベット、マスタングやシボレーソニックを見るだろうが、それはブラックバードが“デジタル変装”をしているのを見ているのかもしれない。

その特殊効果とは?

「ブラックバードは、そのシャーシをフィアット500からリムジンまで何にでも合うように変えることができます」と言うのは、ブラックバードの後ろで控えている特殊効果会社ザ・ミルのアリスター・トンプソンだ。実際に、幅は最大10インチ(約25cm)まで、長さは4フィート(約1.2m)も変えられる。ザ・ミルはその電気自動車をプログラミングし、模倣しようとする自動車のように動かせる──加速もギアチェンジも、前輪/後輪駆動もお手の物だ。

ディレクターは、ふさわしい車輪を取り付けたら、あとはスタントドライヴァーに指示をし、通常のクルマに乗っているときと同じようにカメラ前を通り過ぎる際にホイールスピンしたり、車体の後ろを振ってもらったりする。

“魔法”は、走行のあと、モーションキャプチャー技術を用いてブラックバードのフレーム上にハイパーリアルなボディを重ねるときに起きる。そのプロセスは人間の俳優の顔のモーションキャプチャーに似ている。顔を点で覆い、アニメのキャラクターに変える手法だ。ブラックバードは実際に走るクルマなので、本物の現実世界でこぼこ道を走ったり水溜りでしぶきを上げたりするので、最終的な出来上がりはより現実味を増す。

さらに本物感を出すために、ブラックバードは周囲の世界の写真をとらえるカメラやLIDARセンサーを備えている。これらはクルマの中から外を見た景色を縫い合わせるのに使われ、建物や人々、ほかの車がブラックバードに貼り付けられた輝くメタリック表面に反射して映る様子をつくり出す。

JACK STEWART

最終更新:9/22(木) 14:13

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。