ここから本文です

この秋沖縄が1人2万で!「旅アプリ」と「LCC」がスゴイ

女性自身 9月22日(木)6時0分配信

「格安航空会社(LCC)を使えば、パックツアーが割高になりがちな秋でも激安旅行が可能です。飛行機もホテルも、タイミングをきちんと狙えば、究極の激安旅行も夢ではありません」

 そう話すのは、激安旅行研究家の金沢久美さん。これまで、セブ島にホテル代込み1万8,000円で4泊5日し、北海道旅行は航空券と2泊3日のホテル代込みで5,380円と、驚くほどの激安旅行を楽しんでいるという“激安旅行の達人主婦”だ。

「お得なセール情報をいち早く手に入れるには、各航空会社の無料会員登録とメルマガ購読をしておきましょう。なかには有料会員もあり、早めに情報が手に入ったり、年に数回、有料会員限定セールが行われたりします」

 金沢さんによると、激安旅行を楽しむコツは、(1)携帯のアプリを有効活用してホテルを低価格で予約すること、(2)格安航空会社LCCの空席を早めに取ることだという。

「もちろんホテルも最低価格のものを探します。値段と相場を一括で比較できるサイト『ホテルズコンバインド』を使ってホテルを調べましょう。携帯用アプリもあるので、スマホを持っている方はダウンロード必須です。このサイトではホテルだけでなく、ホテルよりも安いゲストハウスや民宿、ホリデーアパートメントも選ぶことができます。最終的なホテル予約は、最低価格保証付きのサイト『エクスペディア』を使ってください。ほかのサイトよりも高ければ、差額の2倍の返金が保証されています」

 多くの場合、宿泊と航空券を別々に予約したほうが、パックツアーより格安になるそう。旅費を抑えるには、航空券は格安航空会社(LCC)で席を取る必要がある。

「LCCの通常予約は運賃が『空席連動型』で、“空席数が多いほど安い”という仕組みなんです。そのため、価格は時間とともに変わっていきます。予約が早ければ早いほど、航空券代が安い場合がほとんどです。平日出発やオフシーズンなどは、一気に値段が下がります」

 そして旅費を左右するのは旅行のプランそのもの。金沢さんは、この秋の“狙い目”旅行プランを語る。

「この時期なら、韓国や台湾など近場の海外がベストシーズンです。国内なら紅葉が美しい京都などは割高ですが、まだ暖かくて泳ぐことも可能な沖縄が狙い目でしょう」

 金沢さんの調査をもとに、家族3人が10月12日~14日に2泊3日で成田から沖縄旅行プランを組んだ場合、3人分のLCC往復運賃4万1,160円、那覇市にある売り切りセール中の民宿に2泊して1万600円、空港までの無料送迎付きレンタカーを2日間借りて8,250円。総額なんと6万円台!1人あたり約2万円で沖縄旅行を楽しめる計算だ。

 ただし、格安航空会社(LCC)にはこんな“デメリット”もあるのでご注意を。

「LCCは1つの路線を同じ飛行機で何度も往復することが多いので、一便が遅れてしまうとその後のフライトスケジュールも遅延が発生します。たとえ遅延や欠航があっても、自社便以外への振り替えはありません。ほかの便への乗り継ぎがあるときは、乗り継ぎ便の出発時間の最低でも2時間以上、海外旅行なら4時間ほど前に着くように予約しておくと安心です。また予約の変更やキャンセルが基本的にできません。座席指定や、指定重量を超えた手荷物は有料になります。機内での食事や飲み物、ブランケットを借りるにしても、サービスはすべて有料ですから注意してください」

 格安ホテルと格安航空券をうまく使って、この秋、思いっきり羽を伸ばしてみませんか?

最終更新:9月22日(木)6時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2742号・9月6日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

「小林麻央がブログを綴る意味」
田口淳之介 初めて語った再出発の展望
田口淳之介 小嶺麗奈との結婚を示唆

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]