ここから本文です

アップルによる買収、マクラーレンは否定

WIRED.jp 9/22(木) 19:31配信

アップルのマクラーレン・テクノロジー・グループ買収話を『ファイナンシャル・タイムズ』(FT)が報じた。この買収の噂は7月に浮上したものだ。テック界の巨人が自動車会社を完全に買収することを視野に入れていると、その報道は伝えていた。

【これまでの報道】アップルの自動車参入、その背景

アップルは、こうした噂話について迫られてもコメントを出さないことで知られている。だがマクラーレンはこの報道について、米ウェブメディア『The Verge』に対して、同社は「アップルとどんな投資の可能性に関しても話し合っていない」と言って否定した。

アップルの自動車開発に関する報道は、この2年間流れている。9月には『ウォール・ストリート・ジャーナル』が、アップルは2019年にクルマを発表するかもしれないと報道した。そしてこのマクラーレンとの結びつきは、その報道を後押しするもののように思える。

「Project Titan」と呼ばれるアップルの自動車プロジェクトは、新しいクルマの設計と開発を手がけるものだといわれている。最近、アップルはまた自律走行車のエキスパートをテスラやほかの自動車会社から雇っている。

だがアップルは、Project Titanについてはまだ正式に発表していない。FTの最近の報道に対して、同社は『WIRED』UK版に、噂や憶測にはコメントをしないと語った。

▼クルマ業界が必要とするもの

アップルがテスラや日産、トヨタと同じく電気自動車界に仲間入りすることになったとしても、それは同社にとって「自動車業界への初進出」というわけではない。2014年にはアップルは、BMWやフォード、ホンダなどのクルマで使えるiPhoneのインターフェイス「CarPlay」を発売しているからだ。

「それはまさに、クルマ業界が必要とするものです。破壊的侵入者をね」。フィアット・クライスラーのCEO、セルジオ・マルシオーネは『ブルームバーグ』にそう話している。

「それは(自動車業界にとって)いいことです。ただ、それによって市場がディスラプトされてしまう既存の会社にとっては、必ずしも好ましいものではないかもしれませんが」

VICTORIA WOOLLASTON

最終更新:9/22(木) 20:33

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。