ここから本文です

バルサ対アトレチコで場外戦勃発! 告発画像にスアレスが「サッカーは男がやるスポーツ」と反撃

Football ZONE web 9月22日(木)10時49分配信

試合後、アトレチコのDFフィリペがSNS上で怒りをぶちまける

 リーガ・エスパニョーラ第5節、最注目カードのバルセロナ対アトレチコ・マドリードは1-1の引き分けに終わったが、ピッチ外で“延長戦”が起きている。アトレチコDFフィリペ・ルイスが相手FWルイス・スアレスに足裏で“削られた”画像をSNS上にアップしたかと思えば、L・スアレスは「サッカーは男がやるスポーツだ」とやり返したとスペイン紙「AS」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 優勝候補同士が早くも直接対決した一戦は、ポゼッションのバルセロナ、ゴール前を固めてカウンターを狙うアトレチコの構図で進んだ。前半41分にMFアンドレス・イニエスタのクロスからMFイヴァン・ラキティッチのヘディングシュートでバルセロナが先制したものの、後半10分にはFWリオネル・メッシが右足付け根を痛めて途中交代。それとほぼ同時のタイミングでディエゴ・シメオネ監督が投入したMFアンヘル・コレアが、直後の同16分に素早いリスタートから貴重な同点弾を奪った。

 カンプノウに緊迫したムードが流れるなか、問題のシーンは同39分に起こった。フィリペがボールを大きくクリアしようとしたところ、猛然とチェイシングしたL・スアレスのスパイクの裏がフィリペの右足に入ってしまう。ブラジル人DFがもんどり打って倒れると、L・スアレスにはイエローカードが提示された。

 1-1で終えた試合後、怒りをSNS上でぶちまけたのはフィリペだった。自身のインスタグラムに右足の写真をアップしたが、甲の部分はスアレスに踏まれた跡がはっきりと残り、血がにじんでいた。昨季、フィリペはリーガでのバルサ戦で2枚のイエローカードで退場処分となったことを受けて、「バルサは審判に、えこひいきされている」と発言するなど“反バルサ”の急先鋒となっている。だからこそ今回のプレーも即座に拡散したとみられる。

一方のスアレスも「男同士の戦い」と反撃

 一方で、この行動について問われたL・スアレスは、端的な表現で反撃している。

「これはフットボールだ。男同士の戦いで、ピッチで起こったことはピッチに置いてくるものだ」

 試合についても「僕らは彼らがとてもタフな相手だと知っていた。最も素晴らしい守備的なチームで、試合はそのような戦いで進んでいくと分かっていた。複雑な感情が残ったね」と、カウンター主体のアトレチコに対する皮肉も口にした。

 かつてはバルサ、アトレチコともに最大の宿敵といえばレアル・マドリードだったが、シメオネ監督率いるアトレチコの躍進に比例して、バルサとアトレチコ間にも因縁ムードが高まっているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月22日(木)11時16分

Football ZONE web