ここから本文です

不動産は小分けにすればするほど単価が上がる --- 内藤 忍

アゴラ 9月22日(木)7時10分配信

東京の都心部でホテルの開業ラッシュが続いています。大手のホテルチェーンも進出するようですが、低価格のホテルも圧倒的に不足しているのでこれから供給が増えてくると思います。

低価格宿泊施設の究極がドミトリー型の簡易宿所です。写真は東京駅近くの某駅前にオープンした施設ですが、2段ベッドになっていて1泊4000円。東京のど真ん中としては極めて安く宿泊できます。日本人の学生や、外国人のバックパッカーで既に人気化しているそうです。

面白いのは低価格だからといって金が無い人だけが集まっている訳では無いことです。世界的なホテルチェーンに泊まってもその国も本当の姿は見えず、 味気ない滞在になってしまいます。このような簡易宿所には世界中から面白い人たちが集まってきます。1階にはお洒落なデザインのバーがあって、日本酒や日 本の料理を提供しており、宿泊者や近隣の人たちで賑わっています。ローカルな人たちの目線に近いリアルな日本が見えるのです。

不動産投資という観点からも、このような施設はユニークです。元々は空室だったオフィスビルを宿泊施設にコンバージョンしています。宿泊施設として 許可を取っているので、AirBnBのように無許可営業ではありません。ブッキングドットコムやじゃらんのような、宿泊予約サイトにも掲載することができ ます。急激な供給が無ければ、宿泊者の強いニーズが当面は続くと予想します。

物件の構築コストと完成後の稼働率と価格設定にもよりますが、不動産には小さくなればなるほど単価が上がるという傾向があります。既存のオフィスビ ルでワンフロア毎に賃貸を探すよりも、ベッドで細かく仕切った方が高いリターンが狙えそうです。ただし、宿泊業界に対する知識と、コンバージョンのコスト やリスクを負担できることが条件です。

残念ながら民泊法案は今国会への法案提出が見送られ、来年以降の国会提出に先送りされました。東京オリンピックだけではなく、日本を訪問する観光客は増えており、規制緩和が遅れれば遅れるほど、現状のホテル不足は深刻化すると予想します。

逆に言えばそこにビジネスチャンスがあるとも言えます。日本の不動産価格は上昇が始まり、都心では高値警戒感も出ていますが、まだ「歪み」からの収益機会は、まだあちこちに転がっていそうです。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」(http://asset-design.jp/services/mailmagazine.php)。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、メールアドレスを登録するだけで無料でお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身でお願いいたします。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年9月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログ(http://www.shinoby.net/)をご覧ください。

内藤 忍

最終更新:9月22日(木)7時10分

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム