ここから本文です

女性が許せない営業マンのファッション「趣味に走りすぎたネクタイ」より「流行に乗りすぎた髪型」

@DIME 9/22(木) 18:10配信

 営業マンにとってスーツはある意味、戦闘服でもあるが、他者と差別化するために、こだわりのスーツを購入したり、ネクタイの柄を変えてみたり、髪を切ったりするのは、自分のセンスをアピールするのに最適な方法だ。営業マンのキャリア探究Webマガジン『営業type』を運営するキャリアデザインセンターが昨年、働く女性304人に対して行なった“男性営業マンのファッション”についてのWebアンケート調査で、働く女性が男性営業マンのファッションで許せないと思うのは「流行に乗りすぎた髪型」か、「趣味に走りすぎたネクタイ」どちらなのかを聞いたところ、7割の女性が「流行に乗りすぎた髪型」と回答している。

■「流行に乗りすぎた髪型」派の意見

・おしゃれよりも清潔さが大切。(接客・販売/26歳)
・ビジネスの場なので、万人に受け入れられる髪型であるべき! (営業事務/27歳)
・奇抜な髪型過ぎると笑いを我慢するのがつらい。(介護ヘルパー/24歳)
・ネクタイは粋だけど、髪型はエチケット。(カスタマーサポート、オペレーター/25歳)

 アンケートの結果、多数派になったのは「流行に乗りすぎた髪型」派。「流行に流されて個性がない」や「不潔に感じる髪型はNG」など、営業マンだからこそ気を付けてほしい、と願うコメントが集まった。

■「趣味に走りすぎたネクタイ」派の意見

・仕事ではプライベートなオシャレ感より、さわやかなほうが魅力的。 (営業企画/25歳)
・アニメキャラのネクタイしている人って実は多い……。公私混同するな!(事務・企画関連職/36歳)
・柄が気になり過ぎて、その人の話すことが頭に入らなさそう。(総務・人事/34歳)

 一方、少数派になった「趣味に走りすぎたネクタイ」派では「かわいい系ならOK」という意見もある一方、「場をわきまえて」と賛否両論あった。この調査では、ファッションに関する質問を通して、共通して多かった意見が「訪問先からの見られ方を意識すべき」という営業の仕事への悪影響を心配する声。営業マンの見た目で重要なのは、おしゃれや自己主張よりも、相手に不快感を与えないことだということが浮き彫りになった。

【調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年3月12日~3月16日
●有効回答者数:304名

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/22(木) 18:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。