ここから本文です

ドルトの快足エース、PSGから誘われていたことを明かす「あそこにはSDがいない」

フットボールチャンネル 9/22(木) 7:40配信

 ボルシア・ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、パリ・サンジェルマン(PSG)から近年誘惑され続けているようだ。21日に仏メディア『RMC』が伝えている。

絶好調、香川真司。軽快な動きでアピール【現地貴重映像】

 今夏にマンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドから関心を示されていたオーバメヤン。しかし、同選手はPSGから獲得を狙われ続けていたようだ。

 オーバメヤンは、「PSGはかなり前から僕の動向を追っているよ」と口を開くと、「だけど僕の父親がいつも素早く交渉を止めていた」と同クラブとの交渉が進展しなかったことを明かした。

 そして、「コンタクトを取る以上に話が進んだことはないよ。それは僕が移籍したくなかったわけではなくて、彼らがやり方を間違っていたからなんだ」とPSG側に非があることを告げている。

 オーバメヤンの代理人を務める父親が説明するところによると、PSGはまず最初に同選手の父親ではなくドルトムントと直接話をしたという。そして交渉を断られたようだ。

 オーバメヤンは、「毎回いつもこんな感じだ」と続けると、「最後に接触して来た時は少し違ったよ。両クラブが後は金額で合意するだけのところまで話が進んでいた」と交渉が進展していたことを告白。

 しかし、結局数日間で交渉は破談したという。オーバメヤンは、「おそらくPSGにはスポーツディレクター(SD)がいないんだよ。まともなSDがいれば全てが変わっていたはずだ」と交渉破談の理由を明かした。

 今夏から元オランダ代表のパトリック・クライファート氏が新SDに就任したPSG。果たしてこれからもオーバメヤンの獲得を狙い続けるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/22(木) 7:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。