ここから本文です

ウィル・スミス&監督、『スーサイド・スクワッド』アクション演出の裏側を明かす

リアルサウンド 9/22(木) 22:47配信

 アメコミ原作映画『スーサイド・スクワッド』より、監督のデヴィッド・エアーが劇中のアクションを解説するコメントが公開された。

 本作は、スーパーヒーローの手によって監獄に収容されたヴィラン(悪役)たちが、地球を救うために立ち上がるアクションエンターテイメント。監督は、『フューリー』や『サボタージュ』の監督を務めたデヴィッド・エアーが務めている。

 アメリカ海軍に入隊した経験を持つデヴィッド・エアーは、本作のアクションにもリアリティを求めたと語る。「現実に根づいた世界を観客に見せたい」と掲げ、劇中のアクションを“ほぼススタントなし”でキャストたちに演技させた。さらに、「僕にとって、実際にスタントができる俳優たちで撮影にのぞむことがとても重要なのです」と語る監督は、撮影前にブートキャンプを行うことで知られている。

 本作でも約5週間におよぶトレーニングを実施し、ファイトシーン、マーシャルアーツ、射撃のレクチャーで、キャストたちを“スタントなし”でアクションできるまでに鍛え上げた。撮影セットにはジムが設置され、撮影が始まってもなお、1日3回のトレーニングをキャスト・スタッフ総勢35~45人で行ったという。また、ブートキャンプでは、作品自体には何ら関係のない“監督とキャストたちがお互いの人生について語り合う時間”が設けられ、絆を深めたそうだ。その演出術にはウィル・スミスも、「僕にとってとても強烈な指導で、レッスン料を払ってもいいぐらいだった」とコメントしている。

 さらにウィル・スミスは、「僕は、デヴィッドと一度会っただけで『俳優を大事にしてくれる監督だ』という、“第六感”を感じた。“俳優こそ映画の心であり、精神だ”と考えているように思えたんだ」と出演理由が監督の魅力であることを明かしている。当初悩んでいた役作りについては、「デヴィッドのリサーチはとてもすごい。デッドショットが映画の中でやっているようなことも、実話を参考に教えてくれるんだ。そうした彼とのやりとりで答えは見つかっていったよ」と振り返った。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/22(木) 22:47

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。