ここから本文です

フランスで復活の兆しを見せる“悪童” ニースのバロテッリが2ゴール1アシストと大爆発!

Football ZONE web 9/22(木) 14:00配信

ファルカオとのFW対決は、終わってみれば明暗が大きく分かれる結果に

 フランスのニースに新天地を求めた“悪童”こと元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、強豪モナコを迎えた21日のリーグ戦で2ゴール1アシストと大爆発。4-0と完勝劇の原動力になった。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ニースにはバロテッリ、モナコには元コロンビア代表FWラダメル・ファルカオがおり、一時期、世界的な名声を得ながらも今はフランスの地で再起を図る2人のFW対決。終わってみれば、明暗が大きく分かれる結果となった。

 前半18分、ニースが右サイドの浅い位置からフリーキックを得ると、キッカーはバロテッリ。GKと最終ラインの間にピンポイントのボールを送り、DFポール・ベイスが頭で合わせて先制ゴールを叩き込む。さらに同30分、右サイドで抜け出したバロテッリがペナルティーエリア角付近から右足を振り抜くと、強烈なシュートはファーサイドのゴールポストに当たってゴール内へ。バロテッリの1ゴール1アシストという活躍により、ニースが2-0とリードして前半を折り返した。

 さらに後半25分には、ニースが完全にモナコ守備陣を崩すと、最後はゴール前でフリーの状態となっていたバロテッリにラストパス。これを冷静に決めて、この日2ゴール目でリードを3点に広げた。そして、バロテッリが交代後の同41分にも途中出場のFWアラサン・プレアがダメ押し弾を追加し、ニースが4-0と勝利を収めた。

以前の不振が嘘のように2戦4得点と大活躍

 バロテッリが2ゴール1アシストの大活躍を見せた一方で、不運に見舞われたのはファルカオだった。前半終了間際にゴール前に飛び込んだファルカオは、ニースGKヨアン・カルディナルと激しく接触。そのままハーフタイムに交代となってしまった。

 バロテッリは、フランスでのデビュー戦で2ゴールとなった11日のマルセイユ戦から1試合の欠場を挟んでこのゲームに臨み、再び2ゴール。2試合で4ゴールと結果を残しており、一昨季にリバプール、昨季にACミランでそれぞれリーグ戦1ゴールに終わった大不振が嘘のようなゴールラッシュを見せている。

 復活の兆しを見せている悪童は、フランスの地で再起を果たし、再びヨーロッパのトップクラブへと舞い戻るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/22(木) 14:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。