ここから本文です

“永遠の王子”トッティが今季初スタメンで躍動 指揮官も「ローマは彼に学ぶべき」と称賛

Football ZONE web 9/22(木) 16:47配信

本拠地クロトーネ戦で正確無比なパスを通して、ジェコのゴールをアシスト

 ローマの“永遠の王子”フランチェスコ・トッティが、その色あせない技術を見せつけた。21日の本拠地クロトーネ戦で今季初スタメンを飾ると、後半にはFWエディン・ジェコのゴールをアシストするなど躍動。チームの中心として4-0の勝利に貢献した。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 9月27日に40歳の誕生日を迎えるトッティだが、2-0とリードした後半3分にローマの本拠地オリンピコのサポーターを魅了した。トッティはカウンターの局面で最終ラインの背後を取ったジェコを見逃さず、自陣から正確なロングフィードを送る。ジェコは相手GKと入れ替わるようにシュートを決めた。パスが少しでも長ければ流れてしまう場面で、正確無比なパスを供給した。イタリア代表の中心として活躍していた時にも、何度となく見せてきた一撃必殺のラストパスだった。

 イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、試合後の記者会見におけるルチアーノ・スパレッティ監督の談話を報じている。

「トッティは常に決定的な仕事をしてくれる。ローマは彼に学ぶべきだね。私は、トッティがチームの中でさらにそのクオリティーを示してほしいと思っているよ。もし今日のようなプレークオリティーを維持できるなら、どんな試合にだって起用できる」

 ローマ一筋で25年目のシーズンとなるトッティは、自身の公式サイト上で今季がラストシーズンになる可能性が高いことを表明している。しかし、そのピッチ上で放つ輝きを見られるのがあと1年というのはあまりにも勿体ないと感じるほどに、ローマの中心で“王子”が躍動している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/22(木) 16:47

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。