ここから本文です

ベテランDFが暴露するイブラの意外な弱点 「彼は傲慢で、触られるのが嫌いなんだ」

Football ZONE web 9月22日(木)22時10分配信

30年ぶりに黒星を喫したワトフォード戦で、ウルグアイ人DFブリトスらに封じられる

 マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチは開幕4試合で4ゴールと圧倒的な決定力を示したが、直近の3試合は無得点と鳴りを潜めている。ユナイテッドは18日のワトフォード戦で1-3と敗れ、実に30年ぶりの黒星を喫し、イブラも不発に終わったが、相手DFはカリスマの意外な弱点を暴露している。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

「彼との対戦は初めてじゃないんだ。彼がミランでプレーしていた時にも対戦したけど、我々は彼をコントロールすることができた。ルーニーもね」

 ウルグアイのラジオ局「スポーツ890」に登場したのは、ワトフォードのウルグアイ人DFミゲル・アンヘル・ブリトス。2008年から11年までイタリア古豪ボローニャで、11年から15年まで強豪ナポリでプレーしていた。イブラが2012年にACミランからパリ・サンジェルマンに旅立つまで、現在31歳のストッパーは何度か対峙したという。

「彼はちょっと傲慢でね、すぐにキレるんだ。触られるのが嫌いなんだよ」

何度もタッチする心理戦を仕掛けて…

 ブリトスはこう暴露した。プライドの高いイブラはマーカーとの接触に対し、激昂する傾向にあるという。何度もタッチするという心理戦を仕掛けて、カリスマの心を揺さぶったと語るが、抑えるのはいつでも容易ではないと続ける。

「それでも、彼は怪物さ。完璧な選手で巨大だし、守るのは難しいんだ」

 優勝請負人の実力を絶賛しながらも、弱点を密かに明かしたブリトス。今後プレミアのDF陣はイブラにタッチする回数が増えるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月22日(木)22時10分

Football ZONE web

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。