ここから本文です

元“バルサの超有望株“ボージャン、セルビア代表でのプレーは認められず

フットボールチャンネル 9/22(木) 21:40配信

 国際サッカー連盟(FIFA)は、ストーク・シティに所属するFWボージャン・クルキッチに対してセルビア代表でプレーすることを認めないという決定を下した。22日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 セルビアサッカー協会(FSS)は、ボージャンを同国代表チームに招集することを希望し、FIFAに対して正式に要請を行っていた。スペイン代表での出場経験があるボージャンだが、同名の父親ボージャン・クルキッチはセルビア人の元サッカー選手であり、ルーツを持つ国での代表入りが認められることをFSSは期待していた。

 だが、これに対するFIFAからの回答は否定的なものだった。ボージャンは18歳だった2008年にスペイン代表で1試合プレーしたのみだが、その1試合は2010年W杯欧州予選のアルメニア戦。親善試合ではなく公式戦の出場であり、原則通り代表チームの変更は認められない。

 セルビア代表のスラボリュブ・ムスリン監督はボージャンの代表入りを期待する様子を見せ、「(FIFAからの)回答がポジティブなものなら11月の試合で彼を頼りにしたい」と話していたが、その望みは叶えられずに終わることになった。

 ボージャンはかつてバルセロナに所属し、カンテラ(下部組織)では数々のゴール記録を塗り替えた“超有望株“だった。トップチームにデビューした2007年にはリオネル・メッシの記録を更新するクラブ最年少ゴールを挙げ、18歳での代表デビューも果たした。2011年からは出場機会を求めてローマやミラン、アヤックスでプレーし、2014年からストークに加入している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/22(木) 21:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。