ここから本文です

他人の成功を恨まないために意識するべき6つのこと

Forbes JAPAN 9/22(木) 20:00配信

誰かを恨んだり不快に思ったりする感情は、人生に害を及ぼし得る。筆者は心理療法士としてこれまで、互いに相手を出し抜こうと張り合うカップルや、誰か一人が成功したことをねたんで崩壊する家族を幾度となく見てきた。



今の時代、他人の成功を不快に思わないでいるのは難しい。ソーシャルメディアを2分も見ていれば、自分以外の全ての人が、いかにうまくやっているように見えることか。

友人が旅行先で撮影した写真を見て「彼の方が自由」だと感じたり、同僚の新築の写真を見て「自分より稼いでいる」と思うかもしれない。また友人の投稿についた「いいね!」の数を見て、彼女の方が自分よりも人気者なのだと感じることも・・・。

だがフェイスブック上の友人(の投稿)をねたむことがうつにつながることは、実際に研究で示されている。そしてもちろん、日常生活の中で他人の成功を不快に思うことは、私たちにさらなる害を及ぼす。

他人の成功を恨まないための6つの方法は次のとおり。

1. 自分と他人を比較するのをやめる

「彼らの家はうちより素敵」とか「彼女は私よりも痩せている」などと言うのは、自分の価値を評価する健全な方法ではないし、公正な比較でもない。りんごとオレンジを比べるようなものだ。

誰にでも、その人にしかない強みや才能、経験がある。自分よりも優れている人や裕福な人は必ずいるが、彼らに憤りを抱くことにエネルギーを浪費する必要はない。自分と比較するべき唯一の人物は、昨日の自分だ。

2. 他人の成果をけなさない

「彼が出世したのは上司のご機嫌取りをしたからだ」とか「彼女があの賞を受賞したのは家が裕福だからだ」などという考え方は、不快な感情を引き起こす。他人の成果をけなすことで精神的に強くなることは決してない。

受け入れることを学ぼう。他人の成果を、批判せずに認めるのだ。

3. 自分の固定概念を認識する

成功した人について、あれこれ憶測するのは簡単だ。しかし、成功して裕福になったり、有名になったり、あるいはビジネスに精通しているからといって、全員がそうなるためにずるい方法を使ったとは限らない。

自分よりもうまくやっている人について、自分がどのような思い込みをしがちなのかを認識しよう。そして彼らを無差別に一般化する前に、個人としての彼らを知ることに重点を置こう。

1/2ページ

最終更新:9/22(木) 20:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。