ここから本文です

なすすべなし! 老人ターゲット犯罪の最新事情

プレジデント 9月22日(木)6時15分配信

 衰えた身を支えつつ、田舎で暮らす老親は、物理的には紛れもない「弱者」。現役時の稼ぎをしこたま蓄える彼らは、犯罪者たちの格好の標的になっている。

■金庫の前に鍵を置きっ放し

 高齢者が犯罪の餌食になる傾向が年々強まっている。それを裏付けるように、刑法犯被害における高齢者の割合は年々増加の一途だ。内閣府が毎年出している高齢者の刑法犯被害認知件数(高齢社会白書)では10年前の9.2%に対し、直近で13.4%。100人のうち13人が高齢者だ。

 高齢者が巻き込まれる犯罪の最新の傾向を、捜査関係者はこう指摘する。

 「2014年、前橋市で20代の男が金品目的で80代と90代のお年寄りを連続して包丁やバールで襲い殺害した事件は、明らかに抵抗力の弱い高齢者だけをターゲットにした犯罪だ。犯人は検挙され、検察は最弱者を狙う犯罪を重大視、死刑を求刑した」

 しかし、最近は高齢者を標的に、新たにとんでもない手口が増えている。

 「超高齢化社会の到来に加え、最近は人手不足。そのため最近の高齢者は70代でもバリバリ第一線で働いたり、あるいは中小零細企業経営トップとして頑張る人が増えている。そういう人たちは小金を持っている。加えて銀行は超低金利で、銀行に預金していても増えないし、日銀のマイナス金利政策の“マイナス”というネーミングへの心理的抵抗が大きい。そのため零細企業者の間では銀行預金をやめてタンス預金に切り替える人も多い。そこを狙う手口が増えている」(捜査関係者)

 つまり、(1)第一線で働く有能な中小零細企業者が増えた、(2)そうした人たちはそこそこの小金持ち、(3)日銀のマイナス金利政策のあおりでタンス預金増、(4)小金持ちの高齢者も核家族化で夫婦のみの生活――こうした環境下で、犯罪者たちがシニア富裕層を狙った犯罪をエスカレートさせつつあるのだ。

 今年7月5日午前4時50分頃、北関東地方の建設会社の事務所兼住宅で窓ガラスが割られ、金庫から現金約1000万円がなくなっているのを、71歳の男性社長の65歳の妻が発見、110番通報した。

 取材した全国紙社会部記者が言う。

 「金庫は1階居間の押し入れに置かれていた。犯人は居間の窓ガラスをおそらくバーナーなどで焼き、そこを割って侵入した。焼き切りでガラスがフニャフニャしたところを突っつくと音もせずガラスが崩れる。そこから手を差し込み鍵を開け侵入している。複数の人の足跡があったという。金庫も買ったばかりで防犯用の相当頑丈なもの。しかし金庫の前に金庫の鍵を置きっ放しにしていたというから呆れた」

 この日、男性社長と妻は前日の午後11時半頃から、それぞれ2階と1階の部屋で就寝していた。この家、昼間は従業員8人が勤務し人の出入りもあるが夜は高齢の社長と妻の2人暮らし。

 「この会社兼住宅が泥棒に入られるのは4回目だという。1回目は3年前。昼間、特に施錠もせず、たまたま人がいなかったため家の中に置いていた100万円が盗まれた。次が2年前。そのときも無施錠のところから昼間の無人時に侵入され、現金数万円と預金通帳を盗まれている。さらにはその前後に、白昼、車が盗み出されたが、それは同社の従業員が追いかけ犯人は途中で乗り捨てて事なきを得た」(同)

 さすがに家人も警戒を強め、今回の犯行直前にも金庫を購入していたという。しかし、まさかそうすぐには強盗も泥棒も入らないだろうとタカをくくっていたところで、1000万円がガッツリやられたということだ。

1/3ページ

最終更新:9月22日(木)6時15分

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2016年10.17号
9月26日発売

定価690円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]