ここから本文です

ハルク・ホーガンはいかにして究極のアメリカの悪党になったのか

ローリングストーン日本版 9月22日(木)14時0分配信

ある意味、トニー・ソプラノ、ウォルター・ホワイト、ドン・ドレイパーの成功の影には、このプロレスのアンチ・ヒーローの存在がある。

コナー・マクレガー:UFCスターが完璧なプロレスの悪役になる理由

ハルク・ホーガンは真夏のフロリダ州のどこかにいた。どこにいるかはそれほど重要ではない。カレンダーの真ん中の月にフロリダにいるのだ。どうせ、蒸すとか暑いとかいう言葉では表現しきれない気候なのだ。ホーガンは数千人の群衆の前に立ち、ブーイングを浴びせられ、ありとあらゆるものを投げつけられている。いよいよ誰もが、ホーガンの正体を見破ったかのようだ。彼は、自身が長年喧伝してきた"リアル・アメリカン"なヒーローなんかではない。ハルク・ホーガンは悪人である。彼はあらゆる人を裏切る。

悲しいことに、これはテリー・ジーン・ボレアとして生まれ落ちた男の現代版ではない。あるいは、ジェブ・ランド(Jeb Lund)言うところの"誇大妄想で固められたキャリアを通じてプロレス業界を遠ざけ続けていた"男でもなければ、離婚や娘の音楽活動の失敗、息子お得意の集団飲酒運転のたび重なる裁判費用で財産を使い切った男でもない。親友の妻とセックスしておいて、億万長者に裁判費用を出させ、最終的には1つの報道機関を破産・倒産に追い込んだ男でもない。彼の本質を世間が見いだしてしまったこの瞬間というのは、2016年版のハルク・ホーガン・バッシングの話ではないのだ。これは1996年に行われたWCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)『バッシュ・アット・ザ・ビーチ』大会での話なのである。

ハルク・ホーガンは本当に悪い人間だ。誰もがようやく、そのことを理解した。彼はかねて人種差別主義者だったのだろうか。あるいは、20年前にも30年前にも、必要とあればピーター・シールのカネをむしり取ったであろうか。たぶんそうなのだろう。でもそんなことは取るに足らないことだ。肝心なことは、ハルク・ホーガンが、自分がどれほどひどい人間であるかを認識できる前に、ヒールに転じたということなのだ。20年前の7月に、ハルク・ホーガンが本性を露わにして、ケヴィン・ナッシュ、スコット・ホールと共謀しNWOを結成して世界を驚かせた際、彼は大衆文化にアンチ・ヒーローというヒーロー像が台頭する土台を築いたのだった。ある意味、トニー・ソプラノ(『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』の主人公)も、ウォルター・ホワイト(『ブレイキング・バッド』の主人公)も、ドン・ドレイパー(『マッドメン』の主人公)も、それぞれの成功は少しずつハルク・ホーガンのおかげなのだ。その時代にもっとも愛されたプロレスラーが悪党に変身した。そして誰もが悪党ホーガンのことを大好きだったのだ。(※注1参照)

1/3ページ

最終更新:9月22日(木)14時0分

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]