ここから本文です

「手ブラカットは水着より安心?」 扇情グラビアで話題の片山萌美は発言も大胆!

週プレNEWS 9/22(木) 15:00配信

男たちを扇情させるグラビアで話題沸騰中の女優・片山萌美がファースト写真集『人魚』(小社刊)を発売。20日(月)、都内で発売記念イベントを行なった。

【画像】ファースト写真集を発売した片山萌美

記者会見では、写真集を出したことについて「写真集って売れてる方が出すと思ったのに。ありがたいことに声をかけていただいて…」と恐縮した様子。いやいや、謙虚すぎでは?(笑)

自身がロケ地の石垣島でインスパイアされたという写真集のタイトル通り、お気に入りは洞窟の中で撮影された一枚だそう。「シルエットが人魚っぽくてきれい。どんな表情をしているのか見えないのもいい」と、その理由を語った。

そんなコンセプトの下、衝撃的なショットが満載だが、中でも注目は大胆な手ブラカット! 「カメラマンさんがあと2ミリと言って大変でした」と苦笑しつつ、「水着と違って、手はズレて見えてしまうことがないので安心」と持論を披露。

彼女のグラビアはしっとりイメージのものが多いが「ずっと撮ってくださってるカメラマンで、笑ってるカットだったり、私の意外な一面も写真集につまってます」と満足げな自信の表情を浮かべた。

また、続いて行なわれた握手会では、こういったイベントをやるのは2回目ということだったが、グラビアの写真とはまた違う人懐っこい表情で集まったファンを喜ばせていた萌美ちゃん。

そこで早速、イベントを終えたばかりの彼女に直撃インタビュー!

―おつかれさまでした! イベントをやってみてどうでした? 

片山「思ったより早く進んじゃって…。うまく話せないこともあって申し訳ないなって思いました。こちらから手を差し出して握手したんですけど、照れてる人も多かったです(ニッコリ)」

―もし次に写真集を出すならどんな内容にしたい?

片山「誰もやっていない場所に行きたいです! 長崎の軍艦島とか富士山の山頂も見たことないですね。あっ、あとは宇宙とか!? もちろん、今回のスタッフさんはみんな来てくれますよね?」

―それはスゴすぎですけど、宇宙はさすがに…(苦笑)。そしてまもなく10月1日が誕生日ですけど、ご予定は?

片山「ここ何年か誕生日はお仕事が入ってるので、今年もお仕事があるといいですね。でも11月に舞台(『悲しき天使』)があるので、たぶん稽古をしてると思います」

―どんな内容なんですか?

片山「なんと初主演! 大阪の飛田新地の遊女の役をやります。しかも大阪が舞台ということで、セリフが全部関西弁なんです!」

―片山さんは東京出身ですが、関西弁はどないでっか?

片山「今のところエセ関西弁になっちゃってるので(苦笑)。本番までになんとか、頑張ります!!」

(取材・文/関根弘康 撮影/早川善博)

最終更新:9/22(木) 16:27

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。