ここから本文です

配偶者控除の見直しは損得論を乗り越えて進めよ

ダイヤモンド・オンライン 9月22日(木)6時0分配信

● キーワードは「働き方改革」と 「所得再分配機能の強化」

 配偶者控除の見直しが来年度税制改正の大きな課題となっている。これまでたびたび見直しの必要性が指摘され、2年前に具体案の選択肢が提示されながら、今日まで放置されたこの制度を抜本的に見直すことの意義は大きい。筆者も本欄の第42回、68回、81回などで指摘してきた。

 配偶者控除は、配偶者が103万円以下の給与所得である場合、世帯主に38万円の所得控除を与える制度である。例えば妻が103万円以下の給与収入で働く場合、夫は配偶者控除(38万円)の適用が受けられ税負担が軽減される。その上本人も、基礎控除(38万円)と給与所得控除(最低保障65万円)の適用を受け課税されない(103-38-65=0で課税所得はゼロ)。

 103万円を超えても141万円までは、世帯所得の逆転現象を防ぐ観点から、配偶者特別控除が導入されている。しかし、多くの企業が103万円を超えると「配偶者手当」の支給を停止するため、厚生労働省国民生活基礎調査で既婚女性の所得分布(図表1)で見るように、103万円前後の所得で就労調整をしている。子育てなどの事情で長時間労働ができないという方も含まれているが、ここまで偏りがみられるのは、配偶者控除という制度が要因である。

 ◆図表1:既婚女性の所得分布

 
 トヨタのように、この壁をなくすべく、配偶者手当を子ども手当へと変更した企業もあるが、多くの企業はそのままである。

 いまだこの制度に固執する政治家や法学者がいるが、時代の変遷の中でこの制度の存続意義はなくなっており、廃止を前提に、「代わりにいかなる制度を構築するか」という点に議論をシフトさせる必要がある。

 その際のキーワードは、「働き方改革」と「所得再分配機能の強化」である。

 「働き方改革」の視点というのは、図表1に見るように、「103万円の壁」は現実に存在しているので、これを廃止し配偶者の所得いかんにかかわらない制度することが、働き方の選択に対して中立的な税制の構築につながるということである。

 では代わりにいかなる制度を構築するのか。これを考える際に念頭に置くべきことは、グローバル経済の中で先進国共通の課題ともいえる格差問題への対処で、それは「所得再分配機能の強化」ということである。

 つまり、新たな制度に替える際、「高所得者の負担を重くし、中低所得者の負担を軽減する」という視点を入れるということである。具体的には、「高所得者により多くの減税効果が及ぶ所得控除制度」に代えて、「どの所得の世帯も同額の減税になる税額控除方式」にすることである。

● 抜本的な税・社会保障改革は 現政権下では非現実的

 以上述べてきた、「働き方改革」と「所得再文愛機能の強化」という2つの視点から、政府税制調査会が14年11月に示した5案を考えてみたい。

 検討に当たっては、増減税中立(税収中立)という前提を置いた。2020年のプライマリー黒字化という財政目標を政権が維持する限り、ほかで財源を調達しない限りこの見直しでの大減税はありえない、というのがその理由である。

 ◆図表2:政府税制調査会の具体案

 A-1案は抜本的な改革である。歳入(税制)と歳出(子育て支援)とを一体的に考える案であり、これが最も効果的・効率的であることは間違いない。

 しかし、配偶者控除廃止で得られる財源6000億円を活用して、新たに子どもを持つ世帯に給付を行うような抜本的制度改革は、税・社会保障改革に積極的でない安倍政権の下では非現実的であろう。

1/3ページ

最終更新:9月22日(木)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 国税は見ている 税務署は知っている
あなたに迫りくる徴税包囲網の真実
特集2 企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

ダイヤモンド・オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]