ここから本文です

『君の名は。』大ヒットの理由を新海誠監督が自ら読み解く(上)

ダイヤモンド・オンライン 9月22日(木)6時0分配信

 新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』の勢いが止まらない。8月26日の公開から3週間あまりで観客動員が約700万人、興行収入は91億円を超え、100億円の大台突破も確実視されている。 原作小説は100万部を突破し、ロックバンドRADWINPSの主題歌も音楽チャートを席巻。スタジオジブリ作品とディズニー作品の2強であった長編アニメ映画業界に新風を吹き込んでいる。新海誠監督に、映画大ヒットの要因について話を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)

● 発想のヒントを得るために 私の場合、古典を読む

 ──興行収入100億円の突破が目前の大ヒットとなっています。今の状況をどう受け止めていますか。

 少し困ったことになったな、と思っています。なぜなら、今回の作品がヒットしているのは「たまたまだ」という感覚が強いからです。若い人たちが求めている巨大な需要のような穴があって、そこにこの作品が良いタイミングでうまく入り込んだ。本当に幸運が重なった結果だと思うのです。

 いつも同じ形の穴が開いているわけではないし、いつも求められているタイミングで作品を出せるわけでもありません。作り手としての技術や実力が急に上がるわけでもないのです。

 ──さっそく、次回作への期待の声も上がっています。

 もちろん、次回作には挑みたいと思いますし、なるべくたくさんの人に届く作品を作りたいのですが、毎回、同じように期待されたらどうすればいいのかと思っています。実際、急にいろいろな人からの声が届くようになりましたが、うまく消化しきれておりませんし、あまりいろいろなものを見ないようにしているほどです。

 ──そもそも、新海監督の物語のアイデアはどこから生まれるのでしょうか。

 アイデアの源は、自分自身の中にあるものだと思います。自分が興味あることとか、謎として残っていることとか、それがおそらく中心にあります。

 端的に言えば、人と人とのコミュニケーションの問題です。「どうして人と人というのは、気持ちを通わすことができるのだろうか」、あるいは「気持ちを通わすことができないのだろうか」と。関係が断然されてしまったのに奇跡的につながるシチュエーションがある一方で、それがつながらないままのこともある。

1/4ページ

最終更新:9月23日(金)18時10分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]