ここから本文です

キムタク母のスピリチュアル朗読会 SMAP解散に「私から話すことは…」

デイリー新潮 9月22日(木)5時59分配信

 解散が決まり、メンバーの行く末が危ぶまれている一方で、こちらは満員盛況である。SMAPの木村拓哉の母・悠方子(まさこ)さん(66)は、スピリチュアル風の「朗読会」を開いていることで知られているが、解散騒動で愛息が心配だろうと聞いてみると――。

 ***

「みなさん、お幸せですか? 自分のこと大好きですかー!?(会場の皆が『大好きでーす』と答える)」

 残暑も和らいできた9月上旬の某日、銀座の高級和食店では、木村悠方子さんを講師に呼んで、朗読会が開かれていた。会費は食事込みで6500円だが、70名ほど入る会場は老若男女でぎっしり。この日のイベントは、講話から始まって朗読、そして別のゲストによる「揚琴」の演奏と、テンコ盛りのプログラムだ。

 主催者の挨拶もそこそこに悠方子さんが現れると、割れんばかりの拍手。大半のお客さんが悠方子さんに会いたくて来ているのがよく分かる。この日の装いは、薄いピンク地のジャケットに黒のスカート。そこにいるだけで会場中が悠方子さんのオーラに包まれてゆくような錯覚に陥ってしまう。

 さて、講話である。

「鏡の前でニコッと笑って、そしてホメてください。今日のワタシの笑顔、すごくステキ。べっぴんさん。そういう言葉で自分をホメるんです。そうすると、私たちのこの身体、60兆個以上の細胞で出来ているのはお分かりですね? ニコッと笑ったこの表情や、“まあステキ!”と言った自分の声を細胞はぜーんぶ聞いているんですよ」

 そんな話を聞かされていた記者は、少しお尻が痛くなってきたのだが、周りは真剣そのもの。やがて、東日本大震災のときに作られた詩集「ありがとうの詩」の朗読が始まると、あちこちから、すすり泣きが聞こえてくるのであった。

■心の中には

 芸能記者が解説する。

「悠方子さんが、朗読会を開くようになったのは10年ほど前からです。以前、脱サラした旦那さんと薬膳イタリア料理店など複数の店を経営していましたが、旦那さんの体調が思わしくなくなって、閉めてしまった。その一方で、お店の傍らやっていた朗読会のほうに力を入れるようになり、今ではこちらが本業です」

 当初はキムタクの母ということもあって、悠方子さんは息子の偏食を披露することもあった。だが、ジャニーズ事務所から釘を刺されたのか、最近ほとんど話題にすることはない。

「事務所としては、悠方子さんがキムタクのプライベートを明かすのも困るのですが“味噌が放射能に効く”とか、“頭の上から宇宙のエネルギーを頂く”といったオカルトチックな話まで飛び出すことに頭を抱えていたのです。でも、悠方子さんは“拓哉は拓哉、私は私”と気にしていません」(同)

 しかし、今回のSMAPの解散騒動では、やはり愛息のことが気になるはず。「母親」をテーマにした話では、こんな言葉も。

「いつまでも一緒にいたいけど、それは無理というもの。でも、心の中にはいつもあなたがいます」

 朗読会が終わって出てきた悠方子さんに聞こうとすると、

「仰りたいことは分かりますが、私から話すことは何もありません……」

 そう言って「銀座ノムコウ」に消えて行ったのである。

「ワイド特集 何者!!  何様!!」より

「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

新潮社

最終更新:9月22日(木)5時59分

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]