ここから本文です

小山薫堂、吉田類、堀江貴文…… 食通たちの「自分史上最多ごはん」は?

CREA WEB 9月22日(木)12時1分配信

繰り返し食べずにはいられない一品!

 自分史上最多ごはん。それは文字通り、これまでの人生で、最もたくさん食した料理のこと。ただし、自宅での食事ではなく、特定の店の、特定のメニューを指す。

 あらゆるジャンルの食通75人が、繰り返し食べずにはいられない偏愛メニューについて明かした、ユニークなレストランガイド『自分史上最多ごはん』が、今、話題を呼んでいる。

 この一冊は、マニアックな気質と比較的丈夫な胃袋で名を馳せる偏愛系フードライターの小石原はるかさんが、「BRUTUS」に連載してきた人気コラムをまとめたもの。

 小山薫堂さんの最多ごはんは、麻布十番「洋食屋 大越」の“ハンバーグ+白スパゲティ”。分刻みのスケジュールに追われる現在でも、必ず月1~2回は訪れているが、最盛期には週3回も通っていたというから、その溺愛ぶりが窺い知れる。

 酒場詩人としておなじみの吉田類さんの場合は、国立「うなちゃん」の“鰻重”。先々代の店主の頃から30年ほどお世話になっているこの店の鰻重は、味がよいのに値段が安いのだとか。ゆえにもちろん行列は必至! 

 グルメアプリ「TERIYAKI」のプロデューサーとしても名を馳せる食通、堀江貴文さんが最も頻繁に訪れた店は渋谷「すし菊地」。そして最多ごはんは“かわはぎの刺身”。かわはぎの肝を溶かした肝醤油をつけて食べる刺身は、まさに感動ものだという。

 その他にも、倉本康子さん、土井善晴さん、為末大さん、北方謙三さん、赤江珠緒さん、マッキー牧元さん、行正り香さんといった個性豊かな面々が、愛してやまないメニューについて語っている。

 尋常ならざる愛と熱量にあふれたこのグルメガイド、ハンディな新書サイズなので、常にバッグにしのばせてくのももいいかもしれない。さて、あなたの自分史上最多ごはんは? 

CREA WEB編集室

最終更新:9月22日(木)12時1分

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

“楽しくて心地よい”が大事
がんばらなくてもきれいになれる。

“免疫美容”のススメ
菅田将暉「10年後の僕に」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]