ここから本文です

焼肉店で「野菜を好んで食べるようになる」平均37歳から

R25 9/23(金) 7:00配信

暑い夏も過ぎ、食欲も再起動。食欲の秋を迎えて、これからガッツリ食べるぞと意気込む20~30代の読者も多いのではないでしょうか。

そのガッツリ系メニューの極北と言えるのが「焼肉」。年長者からは「急に好みが変わって、歳をとったことを痛感したよ」なんて声も聞こえてきたり…。そこで、年齢を重ねると焼肉店での行動にどのような変化が表れるのかをアンケート調査。40代の男性会社員200人に「年齢を重ね、若い頃とは変わってきた焼肉店での行動」について聞いてみました。

〈若いころとは異なることを実感した、焼肉店での行動ランキング〉
(全12項目から複数選択。R25調べ。協力/アイリサーチ)
1位 野菜を好んで食べるようになった 39.0%
2位 少量の良い肉を食べられる店を選ぶようになった 29.5%
3位 ライスを頼まなくなった 25.5%
4位 脂の乗ったカルビより、赤身肉が好きになった 24.5%
5位 ホルモンが好きになった 22.5%
5位 タンを必ず頼むようになった 22.5%

※番外
7位 お腹いっぱいだと肉でも残すようになった 19.5%
8位 タレよりレモン汁や塩をつけるのが好きになった 16.0%

“焼肉”店に行きながら、野菜を好んで食べる…。若いうちには考えられない(?)、そんな行動も40代ともなるとかなりの人が経験しているようです。

なお、同選択肢にて「最も自分の年齢を実感する」ものを一つ選んだうえ、実感し始めた年齢についてもご回答いただいています。40代の方たちは、いったいどんな時に「自分も歳をとったな」と実感しているのでしょうか。

〈焼肉店で「最も自分の年齢を実感」した行動と平均年齢〉

1位 野菜を好んで食べるようになった 18.5% 平均年齢37.0歳
2位 少量の良い肉を食べられる店を選ぶようになった 17.0% 平均年齢37.9歳
3位 脂の乗ったカルビより、赤身肉が好きになった 13.0% 平均年齢36.8歳
4位 ライスを頼まなくなった 12.0% 平均年齢37.7歳
5位 お腹いっぱいだと肉でも残すようになった 9.0% 平均年齢39.7歳

※番外
6位 タレよりレモン汁や塩をつけるのが好きになった 7.5% 平均年齢39.3歳
7位 タンを必ず頼むようになった 6.0% 平均年齢35.7歳

複数選択可能な先の質問結果よりも更に「野菜マシマシ、脂少なめ」、食べる量も減る傾向が明確になったといえる結果ですね。もっとも、2位については食欲の変化というよりも、経済的な変化の気もしますが。

ちなみに「なにも変わらない」と答えたのは、200人中でたったの一人。質より量、焼肉店は肉を食べる場所、脂肪バッチ来い! そんな“若い”食べ方が出来るのも今のうち。まだまだ先の50代ではなく、すぐそこに迫っている40代の声だと思うと、身につまされるものがあったり…。
(のび@びた)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/23(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。