ここから本文です

リタイア世代にとって車は金喰い虫そのもの

NEWS ポストセブン 9/23(金) 11:00配信

 人生において家や車を買って所有することは「安心の証明」だった。だが、リタイアして余生を見据えたとき、それらの財産を「足枷」に感じてはいないだろうか。実はそれらの多くは、所有者の気持ち次第で、捨てることが可能なのだ。

 家に次ぐ「人生最大の買い物」であるマイカーは手放せないモノのひとつ。「車がないと生活が不便になる」という“思い込み”から捨てられない人も多い。しかし案外、捨てても困ることはない。愛車を手放し、タクシー中心の生活を送る川辺信吾氏(73・仮名)が言う。

「2年前から買い物と通院にタクシーを使っています。年寄りになると車を必要とする外出なんてその2つくらい。頻度は週2~3回、どっちも1回2000円程度の出費です。ご近所さんからは“タクシーなんて贅沢だ”なんて言われるけど、車を持っていた頃より負担は軽くなっています」

 車を手放すまで、川辺氏は自動車税と重量税だけで毎年10万円近くを払っていた。さらにガソリン代、2年に1度の車検費用、自賠責保険なども含めると、毎年60万円以上が車に消えていた計算になるという。

「タクシー利用に切り替えても年に30万円もかかりません。つまり30万円以上も節約できたわけです。それに5年前から白内障を患っていて、車を運転中も“事故を起こすんじゃないか……”という不安もありました。そのストレスから解放されたことで気持ちも楽になりました」(同前)

 ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏も、車を処分するという選択肢を考えるべきだと言う。

「極端に交通の便がない地方なら別ですが、地方都市在住でも週1~2回程度しか車に乗らないならタクシーを利用したほうが安上がりでしょう。もちろん、電車やバスを使えばなお安上がりになる。リタイア世代にとって車は“カネ喰い虫”そのものです。

 いまや60歳以降の人生は男性でも平均で約20年ある。仮に6~7年で車を買い替えるとすると、死ぬまでに3回も買い替えることになる。諸々のコストを合わせれば、老後に計1000万円近くも車に使うことになりかねない。

 安全面の問題もあります。運転能力が落ちてきていることも客観的に考えて、車を捨てるタイミングを考えるべきです」

 車好きにとっては、愛車に別れを告げるのは辛い。しかし、老いればいつかは手放さなければならない時が来る。運転がまだ楽しめるうちに、その判断を下したほうがいいのではないか。

※週刊ポスト2016年9月30日号

最終更新:9/23(金) 11:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。