ここから本文です

7つの味が入った柿の種!「なないろのたね」が期間限定で販売

東京ウォーカー 9/23(金) 12:13配信

亀田製菓株式会社は、「亀田の柿の種 なないろのたね ボックス」を10月3日(月)から12月末までの期間限定で、全国販売する。

【写真を見る】カラフルな箱の中には、三角形の個包装に入った柿の種4種類とナッツや豆が3種類入っている

同商品は、おなじみの「柿の種」が「もっと色々な味のバリエーションを出してほしい」、「ちょっとした手土産にできる柿の種を出してほしい」という要望に応える形で誕生した。

中身は、三角形の個包装に入った柿の種4種類と、ナッツや豆の3種類入り。7つの味は、通常の「柿の種」の他、「柿の種 わさび」、「柿の種 梅しそ」、「柿の種 ソース」、「カシューナッツ」、「アーモンド」、「白ごま豆」となっている。バラエティ豊かな味わいが揃い、様々な組み合わせができることから、幅広い年齢に向けたおやつやおつまみとして楽しむことができる。

また、カラフルな箱の中に入っていることから、ちょっとした手土産や贈り物としてのギフトボックスにもぴったり。「柿の種」の新たな楽しみ方を、大勢で共有しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/23(金) 12:13

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。