ここから本文です

吉祥寺のおしゃれコーヒーショップで「ハロウィンブレンド」が限定登場

東京ウォーカー 9月23日(金)12時48分配信

LIGHT UP COFFEEが、ハロウィン限定のコーヒー「ハロウィンブレンド」を、吉祥寺店とウェブサイトで、10月1日(土)から10月31日(月)までの期間限定で販売する。

【写真を見る】開放感のある店内で、目の前は公園となっている

「コーヒーで人々の生活を明るく照らす」がコンセプトのLIIGHT UP COFFEEは、吉祥寺からスペシャリティコーヒーの魅力を発信する自家焙煎コーヒーショップ。農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手ごとの鮮やかな違いや、素材本来の味を楽しむ、新しいコーヒー文化を広めている。

今回の「ハロウィンブレンド」は、かぼちゃの中で燃える炎をイメージした季節限定ブレンド。後味に優しく残るオレンジやアップルといった色とりどりのキャンディーのような甘さに、パンプキンパイのような風味も感じられる。

ブレンドの比率はコロンビア産が40パーセント、コスタリカ産が40パーセント、ケニア産が20パーセント。丁寧に農家で作られたコーヒーだからこそ、産地ごとの風味が際立ち、その個性が掛け合わされている。

店頭ではコーヒー豆の販売の他、アメリカーノやカフェラテといったエスプレッソドリンクも「ハロウィンブレンド」で提供。また、なくなり次第終了となっている。

年々、大きな盛り上がりを見せているハロウィン。今年はコーヒーで、ムードを高めてみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9月23日(金)12時48分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。