ここから本文です

近畿エリア初!カインズ直営カフェが神戸に登場!

東京ウォーカー 9/23(金) 17:43配信

日用雑貨や家庭用品、インテリア園芸用品など、なんでもそろうホームセンター、カインズ神戸ひよどり台店に、カインズ直営カフェ「CAFE BRICCO」が、9月7日にオープンした。

【写真を見る】マフィンは店で生地から仕込んで焼き上げる

同カフェは、カインズ神戸ひよどり台店の別館にあたる、ペット&ガーデン館のリニューアルに伴いオープンしたもの。全国では11店舗目、近畿エリアでは初出店となる。

“カフェタイムの寛ぎを幅広いお客様に楽しんでいただくこと”をコンセプトに、話題のシングルオリジンコーヒーや、ホームメイドマフィンなどが楽しめるのが特徴。

店で生地から仕込むこだわりのマフィンは、定番2アイテムに加え、12種のなかから日替わりの6種が季節に合わせて登場する。

ホームセンターでの買い物途中に、緑に包まれた空間のカフェで、束の間の休息を過ごしてはいかがだろうか。【関西ウォーカー編集部/横井哲也】

最終更新:9/23(金) 17:43

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。