ここから本文です

隔週で店が変わるスイーツショップが天王寺にオープン

東京ウォーカー 9/23(金) 18:27配信

JR天王寺駅に、隔週で入れ替わるスイーツショップ「エキマルスイーツ天王寺店」が、9月1日にオープン。大阪桜橋口店、エキマルシェ大阪店、三ノ宮店、尼崎店に次ぎ5店舗目となる。

【写真を見る】9月11日までのオープニング店舗には、大阪・北堀江の「ル・ピノー」が登場していた

同店は、期間限定でさまざまな名店のスイーツが登場。場所は、JR天王寺駅中央口改札前のアントレマルシェ天王寺店の中にあり、電車の乗り換えやショッピング、通勤通学の合間にも気軽に利用できる。

今後のスイーツの予定は、大阪・北加賀屋にある「ジュイール」のスイーツが9月25日(日)まで登場。フレンチレストラン「ボンシイク」から誕生したスイーツブランドで、店名を冠した「ジュイールタルト」が自慢の一品だ。

さらに、大阪・寝屋川市にある「パティスリーフリアン」のスイーツが、9月26日(月)から10月9日(日)まで登場。寝屋川で愛される名店の人気商品「シュートリュフ」を筆頭に、安心安全な素材を活かしたスイーツが楽しめる。【関西ウォーカー編集部/今津裕貴】

最終更新:9/23(金) 18:27

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。