ここから本文です

銀座に初上陸!2ツ星フレンチシェフが作るバーガーを食べてみた

東京ウォーカー 9/23(金) 18:32配信

パリ2ツ星フレンチレストランの総料理長、ティエリー・マルクス氏が監修するガストロノミーレストラン「THIERRY MARX」(ティエリー・マルクス)と、グランビストロ&プレミアムテラスバー「BISTRO MARX」(ビストロ・マルクス)が、9月24日(土)、東京・銀座に誕生する複合商業施設「GINZA PLACE」にオープンする。

【写真を見る】「ブリオッシュ」(税抜1500円)は、ボリュームもおいしさも桁違い!

今回はオープンに先駆けて実施されたメディア向け内覧会にて、記者が一足早く「BISTRO MARX」の代表的なメニューを味わってきた。

ミシュランガイドでいくつもの星を獲得していることから、“星の請負人”とも呼ばれているマルクス氏。「料理はシンプルかつ、多様性に富んだものと考えています。そして、何よりも伝統の継承を大切にしています」と、料理に対する思いを語る。

そんなマルクス氏が手がける「BISTRO MARX」は、新業態・世界初出店となる店舗。「料理とパンの融合」をテーマに、洗練された技術とセンスを巧みに駆使し、伝統と革新が息づく新感覚のフランス料理を提供する。

なかでも注目なのは、マルクス氏が多くの時間を費やして生み出したという、同店のスペシャリテ「ブリオッシュ」(税抜1500円)だ。幾重にも織り込まれた生地の層は、芸術品のような美しさ。一口かじると、香り高いバターの風味がジュワッと広がり、思わず笑みがこぼれる。生地はほのかに甘く、卵のコクもしっかりと感じられた。そして何よりも、ふわっふわな食感は感動もの!一度食べれば、やみつきになること間違いなしだ。

なお、同商品は日本でよく目にするブリオッシュとは、形も大きさも異なる。価格に驚くかもしれないが、切り分けて食べるサイズのためご安心を。レストランに併設されているブーランジェリーで購入できる。

■ マルクス氏の手にかかればハンバーガーもこの通り!

次に紹介するのは、自慢のブリオッシュをバンズに用いた「マルクスバーガー」(税抜2900円)。ミディアムレアに焼き上げた国産黒毛和牛のパテを、ブリオッシュが包み込む。パテの食感には独自のこだわりが光り、肩肉6mm、もも肉9mmのカット幅を採用しているそうだ。

ハンバーガーとはいえ、国産黒毛和牛のパテはそれだけで1つの料理として成立しそうな、贅沢な味わい。肉本来の旨味がギュッと凝縮されており、バターの風味豊かなブリオッシュと一緒に食べても、存在感が薄れることは決してない。

味付けには自家製のトマトフォンデュと、ベアルネーズソースを使用している。ベアルネーズソースは、澄ましバターやエストラゴン、エシャロット、卵黄などで作るフランスの伝統的なソースのこと。酸味が効いていて、マヨネーズにも似た味だ。

随所に繊細な仕事が垣間見え、高級感が漂う「マルクスバーガー」だが、味付けは実にシンプルでハンバーガーらしいカジュアルさも兼ね備えている。手で豪快につかんでバンズを上からギュッと押し、ソースを染み込ませてから味わうのがおすすめだ。

前菜の「市場より 本日の魚介のマリネ」(税抜2100円)は、築地から直送される新鮮な魚介をマリネし、見た目も美しく盛り付けた一品。内覧会では甘くプリプリのホタテに、カリフラワーを下茹でし、細かく刻んだものを合わせていて、味と食感の対比も楽しめた。

メイン料理からは「仔羊の煮込み 白いんげん豆 Meat on bread」(税抜3200円)をご紹介。仔羊の骨とフレッシュトマト、たっぷりの香味野菜を5時間煮込んで仕上げている。仔羊はナイフを使う必要がないほど柔らかく、口に入れると瞬時にとろける!これだけでも十分絶品なのだが、肉の下にはソースがヒタヒタに染み込んだライ麦パンが。パンと仔羊が見事に一体化していて、同店のテーマである「パンと料理の融合」とはこういうことかと、納得するおいしさだ。

ワンランク上のビストロでありながらも、店内は日常使いしやすいカジュアルな雰囲気。窓の外に広がる銀座の街並みを眺めながら、至福のひと時を過ごしてみては?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:9/23(金) 22:14

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016