ここから本文です

「ラスカル」が体にやさしいドーナツになった

東京ウォーカー 9/23(金) 21:00配信

放映当時のファンはもちろん、最近ではLINEスタンプなどで若い層にも人気を集める『あらいぐまラスカル』。この「ラスカル(rascal)」って、英語で「いたずらっ子」を意味する言葉だって知っていました? 

【写真を見る】ホネホネやかぼちゃに座ったものなども。(奥中央)ほねほねラスカル、(上左)マジカルラスカル、(上右)パンプキンラスカル

そんな名前の意味にちなみ、天然素材のドーナツ専門店「フロレスタ」では10月に、魔法使いやガイコツの仮装をしたラスカルのハロウィンドーナツを発売。実はラスカルドーナツは、今回で5回目という人気っぷりで、ことしは「ガイコツに扮したラスカル」のドーナツと、カップタイプのハロウィンドーナツの発売が、初めての試みだというので要注目です。



「フロレスタ」は「子供に安心して食べさせられるおやつを作りたい」との思いから誕生した天然素材ドーナツ専門店で、どうぶつシリーズが特に人気です。優しい味わいと同じく、見た目もほっこり笑顔になるものばかり。ガイコツや魔女など、怖くなりがちなハロウィンデザインでも、こんなにかわいく仕上がるのも、なんだか納得!?



ラスカルが放映されていた「世界名作劇場」40周年を記念して、次々とかわいい新ラスカルが登場しているけれど、ハロウィンの季節をめいっぱい楽しめるうえ、体にやさしいドーナツは「子どもに買ってあげたいラスカル」ナンバーワンになりそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/23(金) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。