ここから本文です

バイエルン「1強」を阻止せよ! 浮上したブンデスPO案が“大ヒンシュク”〈dot.〉

dot. 9月23日(金)16時0分配信

「バイエルン1強はあまりにもつまらない、プレーオフ導入だ」

 ドイツ・ブンデスリーガ第3節までが終了した現地時間19日、こんなフレーズがドイツ各メディアのタイトルを飾った。発言の主は元レヴァークーゼンGMで元DFL(ドイツ・フットボールリーグ)会長のヴォルフガング・ホルツホイザー。独『キッカー』誌に対し「シーズン終了時のプレーオフ開催について、これまで以上に検討する時期に来ている」と語ったのだ。

 「1強が続く状況は、競争上よろしくない」と訴えるホルツホイザーは、全34節を終了したあと、1位対4位、2位対3位でプレーオフ準決勝を行い、決勝を制したチームを年間王者にするという方式を提案している。

 ポストシーズンの王者決定戦は南米のリーグでも行なわれており、特別新しいシステムではない。これまでにブンデスリーガでもその話が出たことはある。また、Jリーグでも2015年にJ1にCS(チャンピオンシップ)が再導入され、CS優勝者を年間王者としている。

 しかし、J1のCSが「リーグの活性化と観客動員数」の効果をねらったものであるのに対し、ホルツホイザー案の根っこにあるのは「まともにやってもバイエルンには勝てないから」という負け犬的発想。2001-02シーズンにブンデス、DFBポカール、チャンピオンズリーグの全大会で2位に終わった“シルバーコレクター”の恨み節でもないだろうが、あまりに情けない。

 ホルツホイザーは「10月の終わりに優勝チームが予想できるなんて、ブンデスリーガのスポンサーも良くは思わないだろう」と興業面も懸念し、プレーオフ導入なら相当の収益が見込まれると主張する。何を言っているのやら、ブンデスリーガは世界一の集客を誇るリーグであり、昨季の観客動員数は約1300万人だ。昨季レスターでイングランド・プレミアリーグ制覇を味わったクリスティアン・フクスは「95%の確率でバイエルンが優勝するリーグなんかつまらない」とけなしたが、ファンの考えは違うのだ。

 地元ミュンヘンの大衆紙『tz』によれば、「全34節終了時に4チームで王者を争うプレーオフの導入はアリか?」というネットアンケートに対し、回答者8660人のうち82%が「34節終了時点での首位が王者にふさわしい」に投票。「その方が最後まで盛り上がる」に投票したのはわずか18%だった(日本時間23日現在)。他媒体の投票も似たような結果だ。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)22時0分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!