ここから本文です

トレンディがM-1優勝、椿鬼奴が結婚! 関さんの料理が人を幸せにする"深イイ"理由

週刊女性PRIME 9/23(金) 18:21配信

トレンディエンジェルさんが「M-1グランプリ」で優勝したのも、博多大吉・華丸さんが「THE MANZAI」で優勝したのも、椿鬼奴さんが結婚したのも、ボルサリーノ・関さんの"開運飯"を食べたから──今、人気芸人たちの間では、まことしやかにこんな噂が流れています。 女芸人コンビ・ボルサリーノは、1994年に結成されたベテランコンビ。突っ込みの山田真佐美さんと、ボケの関好江さんは、地元である名古屋でキャリアを積み、2005年に東京進出。そして元々面倒見がよく、仲間にご飯を振る舞っていた関さんの料理が評判を呼び、近年、人気芸人がこぞって食べたがる“開運飯”と言われるようになりました。

 そこで、ご本人に、料理への思い、こだわり、なぜ無償で皆にご飯を振る舞うのか、開運と言われることについてどう思うかなどを、たっぷりお聞きしました! 

──本業以外でも幅広く活動する芸人さんはたくさんいらっしゃいますが、ここまで本格的に料理と向き合われているのも珍しいと思います。

「ありがとうございます、でももう、本当に家庭料理なんで。私、料理の専門学校に行ったわけでもないし、飲食店で働いたこともないんです。

 『実家が飲食店なの?』と聞かれたこともありますが、自動ドアを売っています。ただ、母が割と料理を作る人で、凝ったものではないんですけど、食卓にいっぱいおかずがある家で育ちました。

 お仕事で料理を作るとき、フードコーディネーターの方とご一緒させていただくんですけど、私のやり方が我流すぎてビックリされます。『そんな順番で入れるんですか!?』とか、『そんなふうにするんですね』とか(笑い)」

──そもそも、関さんが料理を始められたきっかけは? 

「最初は必要に迫られてという感じでしたね。私、吉本に入って芸人になって、名古屋の吉本で10年間仕事をしていたんですね。その名古屋の一座というか仲間たちは、東京に比べて人数がずっと少なくて、みんな仲良くて、ファミリーみたいな感じでした。

 でも若手芸人なんてお金がありませんから、居酒屋さんでワーッと騒ぐこともできなくて、みんなウチにしょっちゅうご飯食べに来ていたんです。

 それでどんどん、大量のおかずを作るようになったという感じです。だから料理を本格的に作るようになったのは、芸人になってからなんです」

1/4ページ

最終更新:9/23(金) 18:21

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)