ここから本文です

高須院長 指原莉乃などモテる“ちょいブス”顔は「タレ目、広いおでこ、下膨れ」

週刊女性PRIME 9月23日(金)6時0分配信

 AKBのセンターながらブスキャラでヘタレ売りの指原莉乃、テレビドラマや映画のオファーが途切れない多部未華子に黒木華、蒼井優、CMやバラエティで大人気の前田敦子に剛力彩芽、足立梨花……。

「ちょいブス女子はパーフェクト美人よりモテる」という意見はネットでも見かけるが、それを裏付けるようにメディアで大活躍する、ちょいブス要素があるんだけれど愛嬌があってかわいい女性タレントたち。

 3年前には『ちょいブスの時代』(常見陽平著/宝島社刊)という本も出版されるほど、女性の魅力のひとつとして注目されている。

 そんな“ちょいブス”について美容外科「高須クリニック」院長の高須克弥先生に話を聞いた。

――“ちょいブス”と言われる芸能人をご覧になって、特徴はどんなところにあると思われますか? 

高須「三白眼や下膨れ、目が小さいなど、美人要素に欠けるパーツは個々で違うけど、みんな『スキがある』ね! これはモテるでしょう」

――そうなんですね! まさか即答でそんな答えが返ってくるとは。

高須「スキがあれば話しかけやすい、誘いやすい。これは男女ともに同じです。これを読んでる女性も『オレって目が開いてないって言われるくらい小さいんだよ』なんて自分のダメなところを話した男性にきゅんとしたことはないですか? コレがスキだね」

――なるほど。スキがあるというとつい露出の多い女性などを想像してしまいましたが、ダメな部分を見せるのもスキなんですね。

高須「そう。だからちょいブス売りの芸能人は、顔という常にさらされる部分で弱さを見せている。ということはいつもモテアピールができる。みんなが化粧したり隠そうとしている欠点はモテ要素でもあるんだよ」

――欠点モテですか。それは一般人にも言えることでしょうか? 

高須「きちんと見せようと思って緊張しているより、ダメなところを見せてみなさい。きっと親近感や雰囲気が柔らかくなってモテるから。顔や身体の欠点でスキは作れるよ」

――でも、男女ともに欠点は克服しようとするし、悩んで整形まで考えることもよくあることだと思いますが……。

高須「メイクや整形で悩みが消えて明るくなるというメリットはもちろんあるけど、フル整形は絶対によくない! “美女は左右対称”なんてものは数字上の計算であり、人間の気持ちは恋愛対象に100%の美を求めることはないしね。

 だめんずやヒモに尽くす女性を見てみなよ。あれこそ『欠けるものこそ愛してしまう』の例だね」

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)6時0分

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9月20日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)