ここから本文です

ラブストーリーの神様・北川悦吏子がNHK初登場、原田知世×斎藤工で描く大人の純愛

週刊女性PRIME 9/23(金) 15:00配信

 バツイチのシングルマザーと年下の新進気鋭デザイナー。境遇の違う男女が出会い、恋に落ちていく─。恋愛ドラマの名手、北川悦吏子が描く“大人の純愛”とは? その深層についてプロデューサーが解き明かしてくれた。

登場人物は“いたいけ” 北川、執筆中に涙

「NHKでは通常、ドラマの企画内容を固めてからキャスティングしますが、本作は、企画内容の構想と並行して、早い段階から原田知世さん、斎藤工さんの名前があがりオファーしました。おふたりとも喜んでお受けくださって、素敵なキャスティングが実現しました」

 と語るのは、ドラマ『運命に、似た恋』(9月23日スタート 金曜夜10時~ NHK総合)の須崎岳プロデューサー。

 脚本は『素顔のままで』『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』など、数々の人気作品を手がけ、“ラブストーリーの神様”の異名をとる北川悦吏子。意外にもNHKで執筆するのは今回が初。執筆も後半に差しかかった際には、“涙が零れた”とコメントしている。

「ドラマの登場人物たち。みな、いたいけ、か、痛いか、どっちかだ。あからさまに、幸せな人は、ひとりもいない。そんな彼、彼女らの苦しみや悲しみに、心を持ってかれたか、お風呂上がりに、涙が」(北川)

 ドラマ10では、『セカンドバージン』『コントレール』など、大人の恋愛を描いた作品が多いが、須崎Pによると、今作でのこだわりは“純愛”。

「40代の女性が純粋な気持ちで恋愛に向き合う姿を描きたいと思ったのです。年を重ねているからこそ守るべきものがあり、不器用にもなってしまうヒロイン。視聴者のみなさんにとっても等身大の姿ではないでしょうか。彼女の純粋ゆえに深い愛に共感していただければ」(須崎P、以下同)

 主人公のカスミ(原田知世)は45歳。バツイチのシングルマザーで、高級クリーニング店で働きながら、高校生の息子(西山潤)と暮らしている。

 ある日、カスミはマスコミでも注目されているデザイナーのユーリ(斎藤工)と出会う。遊びなれた雰囲気のユーリは、謎の多い人物だった。デザインの仕事には真摯に打ち込むが、カスミの店の顧客でもあるマホ(山口紗弥加)と男女の関係にあり、彼の師匠のヨシタカ(奥田瑛二)には、なぜか絶対服従。

 そんなユーリはカスミになれなれしく接し、パーティーに誘ってきた。当初はユーリを警戒したカスミだが、根は純粋な男であることを知り、やがてひかれていく──。

「不器用なカスミと、如才なく見えて実は不器用なユーリが少しずつ距離を縮めていくプロセスが、いちばんの見どころです。一生懸命に恋をする2人を見守ってください」

1/2ページ

最終更新:9/23(金) 15:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。