ここから本文です

追い詰められた小栗旬が刃物を手に叫ぶーー『代償』予告映像、サイコパスと対峙する場面も

リアルサウンド 9月23日(金)6時0分配信

 小栗旬主演のHuluオリジナル連続ドラマ『代償』より、小栗がサイコパスと対峙するシーンを収めた予告映像が公開された。

 日米同時配信される予定の本作は、伊岡瞬の同名小説を小栗旬主演で実写化したクライムサスペンスドラマ。サイコパスに追い詰められる弁護士・奥山圭輔役の小栗をはじめ、圭輔の婚約者でヒロインの白石真琴役を高梨臨、圭輔のかつての友人でサイコパスの安藤達也役を高橋努がそれぞれ演じている。

 今回初めて公開された予告映像には、凛々しいスーツ姿で弁護士の仕事に励む圭輔の姿や、サイコパス化した達也(高橋努)に対して怒りをぶつける様子など、小栗のさまざま表情が収められている。映像は圭輔が達也と対峙するシーンからはじまり、続けて凄惨な殺人事件現場の様子が映し出され、最後には我を忘れた様子の圭輔が刃物を手に叫び、達也に襲いかかろうとする姿も確認できる。

 第1話では、圭輔と達也の出会いや、そこから圭輔のまわりで次々と不幸な出来事が起こっていく模様が、配信作品ならではのリアルな演出で描かれていく。

最終更新:9月23日(金)6時0分

リアルサウンド

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。