ここから本文です

改修費用はひとり5万円!「第二のパルテノン多摩」は全国に―遠藤ちひろ多摩市議

政治山 9/23(金) 11:50配信

 全国各地の地方自治体がいま、高度経済成長期に建設された公共施設の老朽化に伴い改修や建て替えの対応を迫られており、総務省も2014年に「公共施設等の総合的かつ計画的な管理の推進について」の通知を出して、公共施設等総合管理計画の策定に取り組むよう求めています。しかし、厳しい財政状況と人口減少等により今後の利用需要の変化が考えられる中で、どういった対応が望ましいのか試行錯誤が続いています。そこで、複合文化施設「パルテノン多摩」の改修問題に直面している東京都多摩市の、遠藤ちひろ市議にご寄稿いただきました。

1.ひとり5万円。4人家族なら20万円の改修費

 「いくらかかるの?エッ、80億!?」「改修に一人5万円なんて冗談じゃないよ」

 これらは改修に80億円かかると報じられたパルテノン多摩について、街頭でテレビ朝日のインタビューに答えた多摩市民の声である。80億円かかるという金額もさながら、そもそも改修自体を知らないという声も多かった。

 パルテノン多摩は、東京都多摩市にある市立の文化施設。多摩ニュータウンのシンボル的な施設で、1987(昭和62)年にオープンした。1400人収容の本格的な多目的ホール等があり著名な芸術家やミュージシャン、劇団などが招かれる。多摩ニュータウンにおける文化の殿堂となり、丘の上にある建物がギリシャのパルテノン神殿と似ているため、パルテノン多摩と名付けられた(wikipediaより。一部改)

 開館から30年を迎えたパルテノン多摩にとってどのような改修方式が望ましいのか。老朽化するインフラが増える中で、「いくらまでなら負担しうるか」という点について市民を巻き込んだ議論が不可欠なのだが、これまでのところは巨額の改修費だけが目立ち、持続可能な公共施設を維持するための議論が行われていない。

2.火を噴くまでの経緯

 多摩ニュータウンの中心に位置する多摩市は人口15万人弱。財政規模は年間540億円程度あり、比較的安定した自治体である。新宿・渋谷へも電車で30分弱と立地にも恵まれ、戦後爆発的な人口増加を遂げた。国費を投入してのニュータウン開発により、コミュニティセンターや学校・劇場など都市インフラが高度に整備されたものの、そのハイレベルなインフラの維持費が市政課題となっている。

 なかでも最大のコストを要するのが前述のパルテノン多摩。建設費80億円に加え、年間維持費に約5億円を必要としてきた。30年目の大規模改修の時期を迎えて、設計事務所から提示された改修費は奇しくも建設費と同額の80億円。

 なぜ改修なのに新築と同じ金額がかかるのか。市議会でこの問題が取り上げられるや否や在京各メディアが取り上げはじめ、なかでも9月15日に放送されたテレビ朝日によるニュース報道には、大きな反響が寄せられた。

1/3ページ

最終更新:9/23(金) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。