ここから本文です

巨人クライマックスシリーズのカギは、”広島&DeNAキラー”ギャレット

ベースボールチャンネル 9月23日(金)11時0分配信

シーズン終盤に貴重な働き

半年前に巨人軍第85代4番打者として開幕した男が、今は「6番レフト」で躍動している。

巨人のギャレット・ジョーンズが22日中日戦で起死回生の逆転サヨナラ2ラン。
この2試合で8打数4安打8打点の大当たりと、2位死守を目指すチームの主軸として存在感を見せている。
今季成績は、打率.259、23本塁打、67打点、OPS.821、得点圏打率.231。
思えば、由伸巨人「一新」の象徴は、このメジャー通算122発の左の大砲ギャレットだった。
来日1年目の外国人選手の開幕4番スタートは球団初の快挙。
新たな「4番ファースト」として期待されるも、打撃不振と拙守連発で5月23日に登録抹消。
昨年まで栄光のヤンキースのユニフォームを来ていた男が、ジャイアンツ球場で泥にまみれる屈辱の日々を過ごした。
それでも腐らずイースタンの試合で調整して6月10日に再昇格すると、ソフトバンク戦に「7番レフト」でスタメン復帰。
その頃、巨人の4番は長野久義だったが打線が全く機能せず、7月24日DeNA戦からついに阿部慎之助が今季初の4番へ。
同時にギャレットは「6番レフト」として定着した。

来日1年目から20本塁打以上を放った外国人選手は、巨人では95年のシェーン・マック以来21年ぶり。
今季23本塁打中、16本を6月の1軍再昇格後に放っているナイスガイ助っ人。
チームメイトやマスコミもギャレットの性格を悪く言う人はいない。
いつ何時も手を抜かず全力プレー、グラウンドを離れたら気の優しい愛妻家。
来季も頼んだぞギャレ砲……と言いたいところだが、その去就はまだ不透明だ。
高額な推定年俸3億円、不安定な外野守備、そして来年6月で36歳という年齢。
チームとしても来季の中軸が「阿部慎之助38歳、村田修一37歳、ギャレット36歳」ではさすがに高齢すぎる。

ポストシーズンの活躍次第で、来季契約にも影響

ここ数年、巨人が頭を悩ますのはベテラン阿部の起用法だ。
昨季の阿部は一度は一塁転向を決断。だが開幕直後にチーム事情でマスクを被ると、故障離脱を挟み6月中旬まで捕手として出続けるも身体が悲鳴を上げ、以降は完全に一塁手でプレー。
そして、今季は再び「正捕手阿部」を想定してキャンプインしながら、故障により開幕2軍スタート。1軍復帰後は一塁手として出場し続けている。
酷な書き方だが、毎年開幕後に二転三転する背番号10の起用法が、編成面にも悪影響を及ぼしてしまっているのは事実だ。
来季も「4番ファースト」が基本線なのか? それともリスク覚悟で選手生命を懸けて捕手復帰を目指すのか?
2年前のオフ、阿部の一塁転向が前提で放出されたホセ・ロペスはDeNAで今季30本塁打、87打点の活躍。
その反省があるだけに、ギャレットの去就も慎重に判断したいところだ。

10月のポストシーズンは、ギャレットにとって最大のアピールの場であり、自身の野球人生を左右する大一番になるだろう。
まだ順位こそ確定していないものの、クライマックスシリーズのファーストステージで巨人はDeNAとの対戦が決定。
勝ち抜いたチームが優勝チームの広島が待つマツダスタジアムへと進めるわけだが、ギャレットの今季チーム別打撃成績を見てみると非常に興味深い。
対阪神打率.188、対ヤクルト打率.200、対中日打率.232と全く結果を残せていないが、DeNA戦では横浜スタジアムに滅法強いこともあり、打率.347、9本、17打点と大当たり。
さらに優勝チーム広島相手にも打率.324、5本、14打点と抜群の相性の良さを発揮している。

DeNAと広島をカモにする大砲、ギャレット・ジョーンズ。
4番ギャレットで開幕した2016年、やはり最後のキーマンもこの男だ。
由伸巨人のポストシーズンの命運は、背番号5が握っている。



中溝康隆

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9月23日(金)11時0分

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]