ここから本文です

エリザベス・テイラーが自分でメイクをする貴重なビデオを発見

ハーパーズ バザー・オンライン 9/23(金) 11:00配信

『How to Be a Movie Star : Elizabeth Taylor in Hollywood』(原題/映画スターになる方法:ハリウッドのエリザベス・テーラー)を読むと(もしまだだったら、今すぐに読むことをオススメ)、彼女は一生涯、美しい存在であり続けることにすべての時間を費やしたということがわかる。つまりそれは、彼女はメイクにかけてもエキスパートだったということでもあるのだ。
 
そのことを思い出させてくれたのは、“キム・カーダシアン時代のメークアップ・アーティスト”、マリオ・デディヴァノヴィッチがインスタグラムにアップした、テイラーがわりと荒っぽくアイメイクを施す昔のビデオだ。
 
「彼女は、小さなブラシを使って、ほんの数秒でやってのけた。シャドー、アイホールの谷、ライナー。完成(拍手の絵文字)!」とデディヴァノヴィッチ。

【写真】グラマラス・アイコン、エリザベス・テイラー 麗しの写真集

キャット・アイの目尻を仕上げる時に、凝視するようなヴァイオレット色の目。これは参った! ビューティーブロガーたちよ、覚えておきなさい。こうやってやるものなのよ。
 
彼女の有名なブルーのスモーキーアイについて、面白い事実をひとつ。伝説のメークアップ・アーティストにして薬剤師、「Gallany」コスメティクスの創設者であるアイダ・ジャル・チザーによると、テイラーは白目をより白く見せる方法(メイクアップのトリックとして大ヒットした)に取り憑かれていて、濃いインディゴブルーのシャドーを塗りたくっていたという。「青は、カラーパレットで赤の補色になるので、赤目を打ち消すからなのよ」と、教えてくれた。

最終更新:9/23(金) 11:00

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。