ここから本文です

iPhone100台で魅せる世界 伊藤忠青山アートスクエアで

オルタナ 9/23(金) 22:06配信

伊藤忠青山アートスクエア(東京・港)では、新進気鋭の写真家・中島大輔氏による全てiPhone(アイフォン)で撮影された作品の写真展を開催中だ。アイフォンで撮影した写真が映えるように、アイフォンとiPad(アイパッド)100台で展示している。写真体験が日常化した現代に、日本で最も所有されているといわれるデバイスを用いることで、現在の「撮る行為」「見る行為」を問い直している。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

この写真展は、写真家の次世代育成を目的に開かれた。写真評論家の清水穣氏をキュレーターに迎えて、若手写真家の作品を展示する。清水氏は若手写真家の登竜門である「写真新世紀」の審査員も務めている。

中島大輔氏は、フィルムカメラやデジタルカメラも使うが、アイフォンでも撮影する。2007年にキヤノン写真新世紀準グランプリ、2008年にビジュアルアーツフォトアワード大賞を受賞するなど、次世代を担う若手写真家の一人だ。

会場には、大きなテーブルが2台置かれ、その上に100台のアイフォンとアイパッドが様々なモード(自働スライド、静止画、割れた画面など)でランダムに配置されて、中島氏の作品を映しだしている。鑑賞者は展示されているデバイスに自由に触れることもできる。

一方、壁面に飾られた展示作品は、一般の人々がアイフォンで撮影した作品だ。Instagram(インスタグラム)などの台頭により、写真体験がより身近となり、表現者という立場になる機会が増えてきた。見る人は撮る人でもあるのだ。アイフォンという大衆的媒体を通じてこそ、表現できるコラボレーションだ。

会場となる、伊藤忠青山アートスクエアは、伊藤忠商事がCSR活動の一環として運営するギャラリースペース。同社では、次世代育成をCSR活動の柱の一つにとらえており、同ギャラリーでは、さまざまな分野の若手アーティストたちに活躍の場を提供している。

写真展のタイトルは、「中島大輔写真展 イメージの感触|taken with iPhone」。伊藤忠青山アートスクエアの営業時間は11時から19時まで。会期は10月2日までで、入場無料。

最終更新:9/23(金) 22:20

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。