ここから本文です

使わないと損!Windows 10のAnniversary Updateで加わった3つの新機能

@DIME 9/23(金) 8:10配信

Windows 10の2回目のメジャーアップデートとなる「Anniversary Update」が2016年8月に提供されてから1か月が経った。更新プログラムの適用を自動にしていれば、何も手続きすることなくアップデートが適用されるので、知らずのうちに使い始めている人もいるだろう。

 今回は、ビジネスパーソンが知っておきたい「Anniversary Update」の新機能を紹介するので、適用済の人もまだ未適用の人も参考にしてみてほしい。

自分のPCがAnniversary Update適用済がどうかわからないときは、「設定」→「システム」→「バージョン情報」にあるバージョンの数値が「1607」になっていることを確認するとよい。

■タブレットPCを使ったメモ・ノート機能が拡充し、EdgeはChromeのような使い勝手に

 まずは今回紹介する機能を以下に整理する。

(1)Windows Inkによる手書き入力のメモ・ノート機能
(2)Microsoft Edgeのお気に入りバー機能や拡張機能
(3)クイックアクションのカスタマイズ

 細かいユーザーインターフェイスの追加やCortana検索の機能向上などの新機能もあるが、ビジネスシーンで使えるであろう3つに絞って取り上げる。

(1)Windows Inkによる手書き入力のメモ・ノート機能

 Windows Inkという手書き入力機能が追加された。「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」の3つの用途別に、手書き入力が行える。入力したメモやノートが画像として保存できる機能である。

Windows Inkはタスクバーのアイコンから起動する。アイコンが見当たらないときは、タスクバーを右クリックしてアイコンを追加する。

(2)Microsoft Edgeのお気に入りバー機能や拡張機能

 Internet Explorerの置き換えとしたMicrosoft製のブラウザー「Microsoft Edge」(以下、Edge)に実用で使える機能が追加された。Google製のブラウザー「Chrome」のようなお気に入りバーや、拡張機能による他アプリとの連携機能などである。

お気に入りバーは、「…」の設定メニューから表示をオンにできる。オンにするとアドレスバーの下にお気に入りが一覧で表示される。お気に入りバーにお気に入りを追加するときは、お気に入り追加で「お気に入りバー」を選択すればよい。

(3)クイックアクションのカスタマイズ

 クイックアクションは画面右下のアクションセンターのアイコンをクリックすると表示される「アクションセンター」下部に表示されているボタン類のこと。ここの表示されるボタンの位置を並べ替えたり非表示したりできるようになった。例えばモバイルPCから社内ネットワークに接続することが多いなら「VPN」のボタンだけを表示することもできるし、タブレットモードを使わないので間違ってクリックしないようにボタンを消すことができる。

ビジネスシーンで活用できる新機能として紹介したが、途中で述べたように新機能はこれだけではない。使い勝手がよくなるように、日々アップデートが提供されている。スタートメニューのボタンデザインの改良や仮想デスクトップの改良など、ふと気づくと使いやすくなっている機能があるかもしれないので探してみよう。

文/久我吉史

@DIME編集部

最終更新:9/23(金) 8:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き