ここから本文です

知っておいて損はない「ごはんを上手に炊くコツ」5つ

サライ.jp 9/23(金) 9:10配信

新米の季節到来!知っておいて損はない「ごはんを上手に炊くコツ」5つ

秋の味覚といえば、ツヤがあってふっくら美味しい「新米」! 以前に比べて、それほどお米を食べなくなっているとはいえ、新米は別格です。

新米の時期は地域によっても異なりますが、西から北上し、九州が8月頃、東北地方は10月上旬となります。

今回は、そんな新米をさらに美味しくいただくために、リンナイが発表した「炊飯に関する意識調査」から、同社所属の“ごはんソムリエ”稲山浩哉さん監修による、ごはんをおいしく炊く5カ条をご紹介します。

■1:新鮮な米を使うべし

お米は鮮度が肝心です。精米後、時間とともに劣化するので、お米を購入する際には、包装袋に記載されている精米日を確認しましょう。

酸化が進むと、古米臭がしたり硬くなったりするため、なるべく早めに食べきりましょう。すぐに食べきれない分は密封容器に入れて冷暗所で保存。冷蔵庫の野菜室がおすすめです。

■2:米の研ぎ過ぎに注意

洗米する際は、研ぎ過ぎると米どうしがぶつかって割れ、食感が損なわれてしまいます。だから、お米を研ぎ過ぎないようにするのも大事なポイントです。

現在は精米技術が上がっているため、昔のようにしっかりとお米を研ぐ必要はありません。新米であれば、表面をすすぐ程度で十分です。

■3:普段より少なめの水加減で炊飯する

新米は水分を多く含み、吸水率も良いため、普段より少なめの水加減で炊飯すること。

また炊く前には、春~夏であれば30分、秋~冬なら1時間を目安に水に浸しましょう。十分に吸水できていないと芯が残り、逆に吸水させ過ぎるとふやけてしまうため、注意が必要です。

■4:火力の強いガス火で炊く

高温でスピーディーに加熱し、炊飯中のお米を“踊らせる”ためには、より火力の強いガス火がおすすめ。お米の量は、炊飯器や鍋の大きさに対して7割程度で炊くと、お米がより加熱されます。

■5:ごはんを保存するなら、炊きあがり後すぐの冷凍を

炊飯器でごはんを炊いてから、しばらく保存するなら、“保温”ではなく、食べる分以外をすぐに冷凍するほうがよいです。炊き上がり後、なるべく早く凍らせることでごはんの“糊化率”(α化率とも言います)を維持でき、炊きたてそのまま保てるのです。

ラップなどで冷凍する際は、ぎゅうぎゅうにするのではなく、ふわっと包むようにしましょう。

以上、お米を美味しく炊くコツをご紹介しましたが、いかがでしょうか? これからの新米シーズン、ちょっとした工夫でお米を美味しくいただきましょう!

【参考リンク】
※ 【熱と暮らし通信】 炊飯に関する意識調査 - リンナイ
http://www.rinnai.co.jp/releases/2016/0901/index_2.html

文/庄司真紀

最終更新:9/23(金) 9:10

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。