ここから本文です

夫婦ゲンカが絶えない!風水的解決法は「シンク」と「コンロ」にあり!?

OurAge 9月23日(金)21時2分配信

「夫婦ゲンカが絶えなくてイヤになる」と思っている人は、案外多いかもしれない。
その原因はキッチン、それもシンクとコンロの位置が関係していると言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。

「キッチンには必ず、火を使って煮炊きをするコンロと、水仕事をするためのシンクが存在します。風水ではガスコンロは『火』の気、水道は『水』の気を表しています。五行の法則では“水が火を剋する”といい、相剋関係になります。この関係は『気』のバランスを乱すため、風水的にみて良くありません」

「火」は男性を、「水」は女性を司る気なのだそう。そのため、火を使うところと水を使うところが隣り合うと、家の中で口論が多くなり、男女の仲が悪くなるのだとか。
「最近の日本住宅では、構造上シンクとコンロがすぐ隣り合っている設計が、とても多いものです。これを風水では夫婦ゲンカを招きやすい相とみます」

そんなに広いキッチンではないのが、日本の特に都会の住宅事情。シンクとコンロが近いのは避けられない現実だ。では、いったいどうしたらいいのだろう?

「火と水の相剋を取り除き、気のバランスを整えるため『木』の気を司るアイテムを間に置くようにします。『気』のアイテムとは観葉植物や花、フルーツや野菜などが当てはまります。気のバランスが調和され、夫婦仲が穏やかになります」と林さん。

ただしコンロの近くなので、燃えやすいものは危険。充分注意しよう。

最終更新:9月23日(金)21時2分

OurAge