ここから本文です

豪州監督がU-16日本代表の強さに脱帽 「エクセレントなチーム。単純に我々を凌駕していた」

Football ZONE web 9/23(金) 9:45配信

現役時代にレンジャーズなどで活躍した敵将ヴィドマー監督も日本の力を称える

 U-16日本代表はAFC U-16選手権グループリーグ第3戦オーストラリア戦に臨み、6-0で快勝し、グループリーグを3連勝で締めくくった。2戦連続2ゴールのFW久保建英(FC東京U-18)らを温存しても圧倒的な攻撃力を発揮。すでにグループリーグ敗退の決まっていたオーストラリアを率いるトニー・ヴィドマー監督は、主力を温存してもなお圧倒的な力を見せつけた日本に脱帽している。AFC公式サイトが報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 試合は前半3分、相手陣内深くでFW宮代大聖(川崎U-18)がオーストラリアの連係ミスを誘い、MF上月壮一郎(京都U-18)がボールを奪取。キックフェイントで相手をかわすと難なくゴール左に先制弾を突き刺している。前半は決定機を生かせなかった日本だが、後半に怒涛のゴールラッシュを見せた。

 現役時代にスコットランド強豪レンジャーズなどで活躍したヴィドマー監督は日本の強さに素直に脱帽している。

「我々はあっという間にゴールを奪われ、後手に回ってしまった。ターンオーバーの割合とボール支配率は残念な数字だったが、我々は対抗した。我々のチームと日本の間には様々な差が存在する。エクセレントなチームだ。単純に我々を凌駕していた」

弟分が「日本強し」のイメージを植え付けた

 バルセロナの下部組織で育った久保らエースを温存しながらも、オーストラリアを圧倒した日本についてそう称賛した。オーストラリアのA代表は2015年アジアカップで優勝したアジア王者であり、ロシアワールドカップ最終予選で日本と同組になっている。

 ハリルジャパンが10月11日に敵地で激突するオージー軍団の潜在意識に、まずは弟分が「日本強し」のイメージを植え付けることに成功したようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/23(金) 10:45

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。