ここから本文です

ケイトのブラウンパレットで秋冬トレンドを先取り コケティッシュな70’sメイク

集英社ハピプラニュース 9/23(金) 22:00配信

「MAQUIA」10月号では人気アーティスト千吉良恵子さんが、新色ブラウンパレットを主役に今シーズントライすべき秋メイクを提案。今回はケイトのブラウンパレットを使ったコケティッシュな70’sメイクをお届けします。

プチプラ・ブラウンパレットの画像を見る


《ツヤベースだから陰影も奥行き感も繊細な仕上がり》

「クリーミーなベースカラーは上から重ねる色を定着させ、奥行きのあるグラデメイクに重宝」。この質感を生かしたピュアな囲みアイを提案。下まぶたを広めに囲んでコケティッシュな70’sメイクに。秋冬のトレンドにもしっくり。


◆KATE
ケイト
ダークナイトグロウ BR-1

クリーミーな影色ベース入りで使い勝手のいいパレット。濡れたようなツヤと陰影を自在に演出、今どきの質感に。¥1600/ カネボウ化粧品


【POINT】
しっとり囲みアイでファッショニスタ風


【OTHER USE ITEM】
◆漆黒仕上げ。モテマスカラ 2016 ブラック ¥1800/フローフシ(9月1日限定発売)

◆ミニプレスト チークカラー 06¥2500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 

◆ティント イン ジェラート ヌーディコーラル ¥2800/シュウ ウエムラ(限定色)

最終更新:9/23(金) 22:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。