ここから本文です

「移籍するかな」と思った吉田麻也が、サウサンプトンに残留したわけ

webスポルティーバ 9/23(金) 12:37配信

「昨季の最後のあたりは、ほぼノーチャンスだった。『移籍するかな』と自分でも思っていたけど、監督が代わって状況が変わり、欧州リーグに出られるという状況にもなった。今は、移籍の話をしてもしょうがないんで。ここでやれるチャンスが目の前にあるし、実際にこうやって出番のチャンスをもらっているわけだから。そこで結果を出すしかないですね」

【写真】ELに参戦する日本人7人の内の1人、武藤嘉紀

 9月15日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦後、サウサンプトンの吉田麻也は現在の心境をこのように話した。

 3-0で快勝した一戦で、吉田は公式戦で4試合ぶりに先発。CBとして手堅い守備で相手の攻撃を封じ、クリーンシートの勝利に貢献した。とはいえ、チームが優先順位を上に置くプレミアリーグでは、ベンチを温める日々が続く。開幕戦のワトフォード戦では先発フル出場を果たしたが、欧州選手権への参加でチームへの合流が遅れたポルトガル代表CBのジョゼ・フォンテがフィットすると、吉田はベンチにまわった。プレミアリーグでは、第2節から出番がない。

 吉田の位置づけは、昨季同様にCBの3番手である。レギュラーCBを務めるのは、ユーロ優勝に大きく貢献したフォンテと、プレミアリーグ屈指のCBに成長したオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイク。英国人識者の評価も高いレギュラー陣の壁は厚く、昨季はこのふたりの牙城を打ち崩せなかった。

 加えて、ロナルド・クーマン前監督による「吉田のSB起用」も、うまく機能しなかった。不慣れなポジションに吉田も苦しみ、マンチェスター・ユナイテッド戦(第6節)とマンチェスター・シティ戦(第14節)で失点につながるミスを犯してしまった。昨季終盤にはSB構想もなくなり、出場機会は極めて限定的になった。

 しかし、ピッチに立たないことには成長が見込めないことを、吉田本人も自覚している。プロである以上、出場機会を求めるのは当然のことで、28歳という年齢を考えても、ベンチを温め続ける時期でない。クーマン前監督がフォンテ&ファン・ダイクのふたりに絶対的な信頼を寄せていたことも、頭のなかに「移籍」の二文字がちらつく要因となった。

 だが、今オフに転機が訪れた。指揮官のクーマンが退団し、エバートンの監督に就任。昨季までニースで指揮を執ったフランス人のクロード・ピュエルが新監督としてやってきた。しかも、昨季を6位で終えたサウサンプトンは、EL出場権を獲得している。試合数の増加に伴い、吉田の出場チャンスも広がった。

 もっと言えば、主将のフォンテにマンチェスター・Uへの移籍のウワサが浮上していた。32歳のポルトガル代表DFが移籍すれば、吉田の序列も上がる。結局、フォンテは残留したが、今オフは転機になりうる要素が少なくなかったのだ。

1/3ページ

最終更新:9/23(金) 16:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。