ここから本文です

食習慣チェックをしてみよう、太りやすい食習慣になっていない?

Wedge 9月23日(金)12時11分配信

 太りやすい人は、知らず知らずのうちに太りやすい食生活に陥っています。

 そこで、一度あなたの食生活をチェックしてみましょう。
質問に○(yes)か×(no)で答えてください。

 上の表のような食事をしていると、体に脂肪がたまりやすくなります。10項目のうち、○の数はいくつになったでしょう。

 ・○が0~2個の人⇒健康的です。肥満やメタボの危険度は低いでしょう。

 ・○が3~6個の人⇒油断大敵! 肥満・メタボ注意報発令です。自覚症状はないかもしれませんが、ちょっと油断すると肥満・メタボの危険性大。

 ・○が7~10個の人⇒要注意。肥満・メタボの警報発令です。このままの食生活を続けていたら肥満・メタボへまっしぐらです。

1か月に1つ食習慣を変える

 結果にがっかりすることはありません。ここからが本格的なダイエットの始まりです。

 第1回目でもお話しましたが、ダイエットは食事療法です。そして、行動を変えることだといいました。したがって、〇がついた項目の一つひとつを×に変えていけばいいのです。

 一度に全部を変える必要はありません。1カ月に1つで大丈夫です。1項目につき1カ月取り組んでみてクリアできたら、翌月もう1項目にチャレンジしてください。

 もちろん、そんな甘いことでは満足できないというのであれば、一度に2つ変えてもまったくかまいません。

 では、一つひとつ説明していきましょう。

 ●1番に〇をつけた人は、腹持ちをよくし、集中力アップに欠かせないたんぱく質を含む、チーズやハムをパンに乗せましょう。

 ●2番に○をつけた人は、冷やし中華や幕の内弁当、お浸しや生野菜、味噌汁などがついた日替わり定食など、主食(ご飯、麺類)+主菜(肉、魚、卵)+副菜(野菜)の3つが揃うメニューを選ぶようにします。

 ●3番に○をつけた人は、油っこい料理は1日1回までに抑えます。活動量の多い昼間に食べれば、なお理想的です。

 ●4番目に○をつけた人は、量を決めて食べるようにします。おやつの1日の適量は200kcal以内。例えば、バニラアイス1カップ(120ml)、大福1個(小)、シュークリーム1個(小)、チョコレート1/2枚といった具合です。

 ●5番目の、糖分を含んだ飲み物は1日1本までに抑えます。それ以外の飲み物は、お茶やブラックコーヒーなど、糖分の入っていないものにします。

 ●6番目に○をつけた人は、エネルギーの過剰摂取を防ぎ、肝臓をいたわる必要があります。ダイエット中に飲んでもよい適量は、ビールなら中瓶1本(500ml)、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯、焼酎なら半合強、ウィスキーならダブル1杯です。これ以上は控えましょう。

 ●7番目の22時過ぎに食事をとることが多いという人は、消化に時間がかかるうえにエネルギーの多い揚げ物などは控えるようにします。鍋物や、焼き魚、蒸した鶏などさっぱりしたおかずと、野菜をたっぷり食べるようにします。

 ●8番目の野菜を食べない人は、野菜嫌いの場合もありますが、時間がないことも原因かもしれません。そんな時は野菜ジュースを飲むようにします。外食の際には野菜の多いメニュー、例えば野菜炒め、チンジャオロースー、冷やし中華などを意識して選ぶよう心がけましょう。

 ●9番目の果物を食べない人は、1日200g程度をおやつやデザートにするようにしてください。200gというと、キウイ2個、なし1個、みかん2個くらいになります。旬の果物は、水分、ビタミン、ミネラル、抗酸化成分の宝庫です。果物にはダイエット中に不足しやすいビタミンやミネラル、食物繊維などを補ったり、糖質の吸収を穏やかにする働きもあります。

 ●10番目に○をつけた人は、噛むことをしっかり意識してください。人は無意識のうちに食べ物を飲み込んでしまうものですから、まず意識に上らせることが大切です。1回につき30回とはいわないまでも、飲み込む前に噛む習慣をつけることが第一歩になります。噛みごたえのある野菜料理を増やすのもおすすめです。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)12時11分

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年10月号
9月20日発売

定価500円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]