ここから本文です

男性の“ポジション・チェンジ”平均は1日3回

@DIME 9/23(金) 19:10配信

ワコールは女性用のインナーウェアだけでなく、男性用のアンダーウェアも取り扱っている。そんな同社では男性が“何に”こだわってアンダーウェアをはいているのかを把握するため、ユニークなアンケート調査を実施した。まず自分のパンツは自分で選び、買っている人が8割でダントツ1位という結果に。多数の人が、自分でこだわってパンツを選んでいるようだ。

こだわりのポイントは、“はきごこち”が1位(71%)だった。次いで2位が“色・デザイン”(42%)、3位が“通気性”(37%)となった。

こだわりの“はきごこち”に関わる大きな要素として、“フロント部のポジション”について詳しく聞いてみたところ、こだわりがあると答えた人は、55%と半数を超えた。

さらに詳しく聞いてみると、半数以上が“自分の好きなポジションにいてほしい”と思っており、フロント部には定位置にいて欲しいという願いが感じられる。また、その他の人も「その都度違うので、違和感を感じたら、落ち着くように直す」「フィットするボクサータイプの場合は、まっすぐに保ってくれると気持ちが良い」などの意見もあった。

やはり気になる人が多く、ポジションを直す人は8割以上だった。直す回数は、1日3回が最も多いようだ。

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:10代~60代以上 男性 合計2121人
調査時期:2016年7月29日~8月8日
調査方法:インターネットによる調査(ワコール調べ)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/23(金) 19:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。