ここから本文です

IS、ミランやマンUなどのユニフォーム着用を禁止。違反すると80回鞭打ちの刑も…

フットボールチャンネル 9/23(金) 7:50配信

 イスラム過激派組織『ISIS』が支配する町では、プロサッカーチームのユニフォームを着ることや、アディダスやナイキなどのグッズを身につけることを禁止しているようだ。22日に伊メディア『トゥットスポルト』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 同メディアによると、対象となっているのはミランやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティやチェルシー、バルセロナやレアル・マドリーなどのサッカークラブ、そしてアディダスやナイキといったスポーツメーカーのグッズとのこと。違反した場合は80回の鞭打ちの刑に処せられるとしている。

 ISは先日、ダイル・ザウル県でサッカーの試合を行う場合、国際サッカー連盟(FIFA)のルールではなく「シャリーア(イスラム教徒が守るべき儀礼的日常的生活規範)」に基づいたルールを適用した。

 このルールでは、選手が負傷を負うようなファールが起きた場合、イエローカードなどの警告を与えるのではなく、負傷を負わせた選手に「同害報復」の罰則が科されるというものだ。この他にも、レアル・マドリーのファンクラブを狙った襲撃やスタジアムを標的としたテロ事件も起こしている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/23(金) 8:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。