ここから本文です

食べ頃フルーツてんこもり!京都『クリケット』のフルーツサンド【京都うまいもん巡り】

サライ.jp 9/23(金) 20:22配信

京都のうまいもんを知り尽くした日本文化プロデューサー・中村暁さんが、普段使いのお店や食材たちを紹介する新連載。今回ご紹介いただくのは、会席料理でもおばんざいでもなく、美味しいフルーツサンドです。

* * * * *

ここ最近、人生の「セカンドステージ」を迎えた方々が、京都にマンスリーマンションを借りたり、セカンドハウスとしてマンションを購入したりして、長期滞在して京都を愉しもうとすることが増えているという。そうなれば「食」についても、普段使いのお店を探したり、キッチンに立つべく食材を買って来たりすることも増えるだろう。この連載は、そんなふうに京都を普段着で愉しみたい方々のための、とっておきの「うまいもん帖」である。

さて、今回最初にご紹介したいのが『クリケット』のフルーツサンドである。

北野天満宮の西、西大路通に面した平野神社の向かいに、創業42年になるフルーツパーラー『クリケット』がある。元々、京都中央市場の青果卸商だったところが、美味しいフルーツを食べさせるパーラーとしてオープンした店で、京都ではグレープフルーツゼリーの草分けとして知られる。

「クリケットゼリー」と称するグレープフルーツ、オレンジ、レモンの果汁いっぱいのゼリーが評判を呼び、その美味しさから我が家でも贈り物の定番になっている。

もう一つのお気に入りが、食べ頃のフルーツをたっぷり使った「フルーツサンド」。ランチにしたり、遅めのブランチで珈琲と共に頂く。テイクアウトも可能なので、家で愉しむのもよい。これを食べると、いつでも幸せ感いっぱいになるのが不思議である。

夏の繁忙期(7月~8月中旬)はゼリーのギフト対応のためお休みになるので、食べられるのは秋に入ってから。フルーツも収穫期の旬のものがふんだんにあしらわれており、正に“今”が食べ時である。

【フルーツパーラー・クリケット】
■住所:京都市北区平野八丁柳町68-1サニーハイム金閣寺(西大路通り西側 平野神社向い)
■TEL/FAX :075-461-3000
■営業時間 : 10:00~18:00
■定休日:不定休
http://www.cricket-jelly.com/
※価格は税込み

文/中村 暁
日本文化プロデューサー。1955年、京都生まれ。伝統芸能をはじめ日本文化を様々な切り口からプロデュースする。日本の食文化についても興味が深く、素材を求めて生産者まで足を運び、自ら台所に立つことも多い。暮らしのスタイルは季節を感じて日本人らしくがモットー。

最終更新:9/23(金) 20:22

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。